top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

星が燃えている?太陽エネルギーが生み出されるしくみとは?【図解プレミアム 宇宙の話】

ラブすぽ

核融合によって巨大なエネルギーを放出

地球上の生命のほぼすべては、太陽エネルギーのおかげで生きています。人類の文明を支える化石燃料も、水力や風力などの自然エネルギーも、太陽エネルギーが変化したものなのです。では、太陽のエネルギーはどのようにして生み出されているのでしょうか?それは、なにかが燃えているのではありません。

太陽はすでに46億年もの間エネルギーを生み出し続けています。いくら太陽が大きいとはいえ、そんなに長い間燃え続けていられる燃料は存在しません。そもそも太陽は、地球や月のような岩盤の地殻がなく、気体でできた星なのです。太陽エネルギーの源は、核融合です。太陽の中心核は直径20万キロメートルで、1500万度、2500億気圧という高温・高圧状態になっています。

ここで、水素原子核がヘリウム原子核に変わる核融合が起こり、巨大なエネルギーを生み出しているのです。こうしてつくられたエネルギーは、厚さ30万キロメートルの放射層と、同じく20万キロメートルの対流層を、およそ数十万年かけて通り抜け、表面に出ます。内側から放出された光や熱で、太陽は真っ赤に燃えているように見えるのです。

太陽エネルギーは太陽風とともに宇宙空間へと放出されますが、地球に届くのはそのうちの20億分の1だといわれています。太陽の活動は、およそ11年の周期で強弱のリズムをくり返しています。活動が活発なときに多く現れるのが黒点です。そして、黒点の減少と地球の気候変動には関係があることがわかっています。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解プレミアム 宇宙の話』

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル