top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

女王敗退 3年半ぶりに予選勝者に屈す

テニス365


敗れたシフィオンテク
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、 ハード、WTA1000)は23日にシングルス準決勝が行われ、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)は予選勝者で世界ランク40位のA・カリンスカヤに4-6, 4-6のストレートで敗れ準決勝敗退となり、2週連続の決勝進出とはならなかった。

>>【動画】珍しく苛立ち、ラケットを叩きつけるシフィオンテク<<

同1位のシフィオンテクは今季、1月の全豪オープン3回戦でL・ノスコヴァ(チェコ)に敗れたものの、前週のカタール・トータルエナジー・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTA1000)では大会3連覇を達成した。

今大会では初戦となる2回戦で同41位のS・スティーブンス(アメリカ)、3回戦で第15シードのE・スイトリナ(ウクライナ)、準々決勝で第6シードのジェン・チンウェン(中国)を下し4強入りした。

準決勝の第1セット、シフィオンテクは第6ゲームで先にブレークを果たしたものの、直後の第7ゲームから4ゲームを連取され先行される。

続く第2セット、シフィオンテクは第1ゲームでブレークを許すと、第2ゲームでは珍しく苛立ちをあらわにしラケットを叩きつけた。

さらに、第7ゲームでもカリンスカヤにブレークを奪われたシフィオンテクはゲームカウント2-5と後がなくなる。第8ゲームでは2度のマッチポイントをしのぎ1つブレークを返す粘りをみせたが、最後は第10ゲームでスイングボレーを決められ力尽きた。

なお、シフィオンテクが予選から勝ち上がってきた選手に敗れるのは、2020年9月のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、WTA1000)1回戦でA・ルス(オランダ)に敗れて以来、約3年半ぶりとなった。

一方、予選から7試合を勝ち抜いたカリンスカヤは決勝で同26位のJ・パオリーニ(イタリア)と対戦する。パオリーニは準決勝で同22位のS・シルステア(ルーマニア)を下しての勝ち上がり。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル