top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

ストッパー転向で2年連続セーブ王&MVPに輝いた中日最強の助っ人投手とは!?【プロ野球助っ人外国人列伝】

ラブすぽ

助っ人外国人列伝/中日ドラゴンズ編

日本球界を彩ってきた助っ人外国人選手たち。「ラブすぽ」が独自に選んだ選手を紹介する。

ストッパー転向で中日最強の助っ人投手に!郭源治 【投手第1位】郭源治

〈NPB通算データベース〉
・勝利 106勝
・敗戦 106敗
・セーブ 116
・防御率 3.22

台湾から単身で来日した若き助っ人

他球団に比べると優良助っ人外国人が多く、さらにはチームを牽引するような投手が多く活躍した中日。そのなか投手ナンバー1といえば、NPBで6人しか達成していない100勝、100セーブを成し遂げた郭源治だろう。

1956年、台湾の少数民族「アミ族」の一家で生まれた郭。戦前、台湾は日本の統治下だったこともあり、名前は「源治」と付けられた。

両親が農業を営む7人兄弟だったため、一家は竹で編まれた簡素な家で暮らしていたが、郭は草を巻いた手製のボールで野球に励み、小学生のときに台湾ナショナルチームに選抜される。エースでクリーンアップを担った郭は、リトルリーグ世界大会にも出場して、強豪国を破って世界一になった。

広告の後にも続きます

その輝かしい成績から蒋介石の妻・宋美齢が支援の手を差しのべ、輔仁大学に進学。野球に専念することができた郭は投手に専念してさらに成長し、卒業後2年の兵役を経て中日からスカウトされる。同時にロッテからも声をかけられていたが、以前からスポンサードを受けていた中日に入団することを決めたのだ。

ただ、台湾は日本に近い同じアジアでも言語や食文化は異なる。当時、台湾の助っ人外国人は珍しかったため通訳はおらず、単身で来日した郭の苦労は絶えなかった。それでもハングリー精神でそれを乗り越え、2年ほどで日本語がペラペラになるほど上達する。

ストッパー転向で中日最強の助っ人投手に

身長178センチ、体重78キロの郭は決して大柄ではない。それでも日本で一旗揚げるべく、1981年7月のNPBデビュー戦では全身を使って投げ込む速球を連発して躍動。1年目はこのときの1勝に終わったが、日本でやっていける自信を掴んだという。

2年目の1982年は開幕からローテーションを守り、オールスターにも選出。シーズンの最後まで広島の津田恒美と新人王を争うような力投を続け、チームのリーグ優勝に貢献している。

以降も1986年まで2桁勝利を記録し、1985年は先発のほかに守護神としても登板。主力投手の小松辰雄とともに2大エースとして活躍した。一方で勝負どころでのもろさもあり、負けも多いため「貯金ができない先発」と指摘されることもあった。

そんな郭は1987年から監督に就任した星野仙一との出会いが転機となる。この年はロッテから落合博満がトレードで加入し、代わりに守護神の牛島和彦が移籍。星野は郭の熱い闘志と負けん気の強さが抑え向きと見抜き、守護神に指名する。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル