top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「聞いたことがない!」「ガッツリ筋肉」大谷翔平が約150メートル特大弾、柵越え連発で“前代未聞の打撃” 打者専念モードで“驚異の肉体”に変化していた

ABEMA TIMES

新天地でキャンプインすることとなったロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平。

【映像】大谷翔平のガッツリ変化した肉体

昨季終盤に行った手術の影響もあり、今季は二刀流を封印し、“打者専”となることでも注目を集めるが、そんな大谷の打撃について、MLBでプレー経験のある野球解説者の川﨑宗則氏が言及した。

2月18日に放送された『ABEMAスポーツタイム』では、“打者専”となった大谷が、直近で行われた打撃練習の際に、推定飛距離約150メートルの特大弾を含め、26スイング中13本の柵越えを放ったことを紹介。その際、“50%が本塁打”という大谷の打撃について水を向けられた川﨑氏は「これ、翔平さん、50%(が本塁打性の当たり)っていうのは、今までの練習ではなかなかないと思います」と語った。これまで川﨑氏が見てきた大谷の打撃練習と比較しても、異例のものであるとした上で、「そこまで意識しても、50%はちょっと高いです。あんまりない。聞いたことがないです」と、仮に長打を強く意識する形で打席に立っていたとしても、“50%が柵越え”というのは前代未聞のことであると指摘した。

また、今季の大谷が早くもこうした“異例の長打連発”となっていることについて川﨑氏は「何か去年からバットを変えたり、打ち方のことも、何かを掴んできてる。形が出来上がってきていて、今年このスイング」と、既に完成形であると思われがちな大谷の打撃が、さらなる進化を遂げようとしている可能性について指摘。さらに「体つき、まず。上半身、すごく仕上がってますね。投げていないんですよね。今、投げてないから。肘まわり、ガッツリ筋肉つけてます。」と、上半身、とりわけ肘の周辺の筋肉量がアップしているとした上で、「やっぱり投げるとですね、無駄な筋肉つけないようにしたいんで。今もう投げる必要ないんで。見てください、この上腕。肩甲骨、背中の(筋肉の)盛り具合は」と、今季の大谷は“打者専モード”で自分の身体を作り上げているのではないかという、自身の見解を語ることとなった。

広告の後にも続きます

(ABEMA『ABEMAスポーツタイム』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル