top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【すみれS】シュヴァルグラン産駒の希望の星 メリオーレムがクラシックに飛躍するか

netkeiba.com

【すみれS】シュヴァルグラン産駒の希望の星 メリオーレムがクラシックに飛躍するか(C)netkeiba.com

 シュヴァルグラン産駒のメリオーレム(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が、すみれステークス(3歳・リステッド・芝2200m)で3連勝を目指す。

 メリオーレムは父シュヴァルグラン、母メリオーラ、母の父Starspangledbannerの血統。ここまで4戦2勝。新馬(小倉芝2000m)が3着、続く未勝利(阪神芝2000m)が2着と惜敗が続いたが、3戦目の未勝利(京都芝2000m)で初勝利。さらに昇級戦となった前走のエリカ賞も制し、大舞台を視界に入れた。勝ちっぷりは派手ではないが、レースセンスは文句なし。混戦になればなるほど持ち味を発揮しそうなタイプだ。

 同じく友道厩舎の所属だった父は、古馬中長距離戦線で息長く活躍した。17年のジャパンCではレイデオロやキタサンブラックを下し、悲願のGIタイトルを獲得。しかしながら、種牡馬としては苦戦傾向。現3歳のファーストクロップはJRAで53頭が走り、勝ち上がりはメリオーレムとアートフォームの2頭のみとなっている。それだけに唯一の2勝馬のメリオーレムが希望の星。種付けシーズンを迎えた父に、後押しとなる勝利を届けたいところだ。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル