top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

真田広之、社会現象となった「高校教師」から30年 “ハリウッドスター”への道のり 最新作ではプロデュース&主演務める<SHOGUN 将軍>

WEBザテレビジョン

真田広之主演の「SHOGUN 将軍」が、ディズニープラスのスターで2月27日(火)より独占配信される(全10話/初回は2話配信その後毎週1話ずつ配信※最終話は4月23日[火]配信予定)。今作にプロデューサーとしても名を連ねる真田は、2003年に映画「ラスト サムライ」でハリウッドに進出して20年、“日本の文化を正しく世界に紹介したい”という思いを胸に、あくなき挑戦を続けている。そんな日本を代表するハリウッドスター・真田の歩みを振り返る。

■転機は1999年「リア王」異文化をぶつけ合って…

1990年代、真田は日本のドラマの代名詞ともいえる存在だった。社会現象を巻き起こした「高校教師」(1993年)をはじめ、数々の人気ドラマに主演。にじみ出る色気と鍛え上げられた肉体の美しさで多くのドラマファンを魅了してきた。

そんな真田にとっての転機は、1999年に参加したイギリスのロイヤル・シェイクスピア・カンパニーによる公演「リア王」だった。蜷川幸雄演出の同作に日本人キャストとして出演したことをきっかけに、その目は海外へと向けられた。

「異文化をぶつけ合って誰も見たことのないものを作り上げていく。その難しさと楽しさ、大切さを教わった気がします」「それをきっかけに、(海外の)プロジェクトを選んで飛び込んできました」。2018年に紫綬褒章を受章した際の会見で、真田自身そう語っている。

■「日本の観客の方が見て納得のいくものを」

2003年、トム・クルーズ主演の映画「ラスト サムライ」で初めてハリウッド作品に出演。江戸幕末・明治維新期の日本をハリウッドならではのスケールで描いたこの作品で真田は、サムライたちのリーダー格・氏尾を演じた。

この当時、ハリウッドで描かれる“日本人像”には偏見やファンタジー要素が強いものも多かった。そんな中、真田は「ラスト サムライ」の撮影が終わった後もプロダクションに残り、日本の描かれ方に意見しながら完成を支えたという。日本の文化を正しく世界に伝えたい――これが、その後世界を舞台に活躍する真田にとっての指針となっていった。「ラスト サムライ」日本プレミアでも「“日本の観客の方が見て納得のいくものを”、それだけを意識して作っていた」と打ち明けている。

「ラスト サムライ」が世界的大ヒットを記録し、日本を代表するハリウッドスターとなった真田。その後は拠点をロサンゼルスに移し、その視線をますます世界へと向けていった。

■JACで世界水準のアクションを習得

そんな彼の“武器”が、世界水準のアクションスキルと世界に誇る美しい所作。そのどちらも、10代の頃から磨き続けてきたものだ。幼少期に子役として芸能活動をスタートさせた真田は、中学進学と同時に千葉真一率いるジャパンアクションクラブ(JAC/現:ジャパンアクションエンタープライズ)に入門し、アクションを習得。同じく中学時代から日本舞踊の玉川流でも鍛錬を続け、名取となった。

トップスターとの共演も数多い。中国・日本・韓国・香港合作の「PROMISE」(2005年)でチャン・ドンゴンと共演し、「ラッシュアワー3」(2007年)では友人でもあるジャッキー・チェンと初共演。互いに日本刀を手に、迫力満点の接近戦アクションを披露した。2013年にはキアヌ・リーブス主演の「47RONIN」に大石内蔵助役で出演。真田を中心とした日本人キャストによる激しい殺陣が同作の見どころの一つとなった。こうした活動が認められ、2010年には「ハリウッドで最も活躍しているアジア俳優」に選ばれている。

近年も、活動の舞台はさらに広がっている。「MINAMATA-ミナマタ-」(2021年)ではジョニー・デップと初共演。2021年はこの他「アーミー・オブ・ザ・デッド」と「アーミー・オブ・シーブズ」、対戦型格闘ゲームを映画化した「モータルコンバット」といった出演作も公開された。実に精力的だ。

伊坂幸太郎によるベストセラー小説をハリウッドで映画化した「ブレット・トレイン」(2022年)では“剣の達人”エルダーを演じ、ブラッド・ピットと初共演。「ジョン・ウィック:コンセクエンス」(2023年)ではキアヌと再共演を果たした。


■「非常に重要な一歩」さらにその先へ

2月27日(火)より配信スタートする「SHOGUN 将軍」は、戦国の日本を描いたジェームズ・クラベルの小説“SHOGUN”を、「トップガン マーヴェリック」の原案を手掛けたジャスティン・マークスらが新たに映像化したもの。1600年代の“天下分け目の戦い”前夜の日本を舞台に、真田演じる戦国最強の武将・吉井虎永、漂着したイギリス人航海士ジョン・ブラックソーン(のちの按針/コスモ・ジャーヴィス)、ブラックソーンの通訳を務めるキリシタン・戸田鞠子(アンナ・サワイ)らが直面する陰謀と策略がダイナミックに描かれる。

日本人の役柄はすべて日本人の俳優が演じ、日本の時代劇のスペシャリストが各部署に配置され…と、いずれもハリウッド映画としては画期的なこと。“日本の文化を正しく世界に紹介したい”という真田の強い思いに呼応するように、本作はハリウッドが描く日本のドラマとして、かつてないスケールによって創り上げられている。

前述の紫綬褒章受章記念会見で「これからは、裏方としても日本にいる素晴らしい人材や日本の美しさを世界に紹介していける、その片棒でも担げれば、それが自分にできる日本映画界への恩返しになれば」と語っていた真田。「SHOGUN 将軍」でついに制作者の一人として、その思いを100%注ぎ込んだ作品を完成させた。

だが、真田にとってこれは通過点に過ぎないのかもしれない。「SHOGUN 将軍」メーキング映像では同作について「この作品に俳優やプロデューサーとして関われたというのは自分にとっても大きいことで、非情に重要な一歩を踏み出せたような気がします」というコメントも紹介されている。「ラスト サムライ」から20年を経て“重要な一歩”を踏み出した真田。渾身作「SHOGUN 将軍」はもちろん、その次の一歩にも注目したい。

◆文=ザテレビジョンドラマ部


 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル