top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

犬が『フーッ』とため息を出す心理とは?4つの理由を解説

わんちゃんホンポ

犬が「フーッ」とため息を出す心理

犬も人間同様、「フーッ」とため息を出すことがあります。しかし、「フーッ」というため息のような音がしていても、そのときの犬の心理は、必ずしも人間がため息をつくときと同じではないようです。

そこで今回は、犬が「フーッ」とため息を出す心理について解説します。もし愛犬が「フーッ」とため息のような音をだしていたら、その理由を正しく確認してあげましょう。

1.リラックスしている

犬はリラックスしていると力が抜け、ため息が出ることがあります。人間なら(嫌なことがあったのかな?)と感じてしまいますが、犬は逆に良いことがあったときに「フーッ」と息を出します。

ごはんを食べたあとや寝るときなどに長いため息をついていたら、犬は「満足したよ」と言っていることになります。

また犬は信頼している相手の前でゲップをすることがあります。ため息も同じで、飼い主の前でため息をついていたら気を許しているという証拠です。

2.ストレスを感じている

広告の後にも続きます

犬のため息は良い気分のときに出るものです。しかし人間と同じで、スレスを感じているときに出ることもあります。

ブラッシングやシャンプー、病院など、犬にとって苦手なことがあった跡にため息をついていたら、犬は我慢しているということです。

そのため、犬がため息をつくような我慢しなければいけない場所では、体を撫でるなどしてできるだけ落ち着かせてください。そして、犬が無事に我慢できたら思い切り褒めてあげましょう。

他にも「鼻を舐める」「体をブルブルっと振る」「片方の前足を上げる」などは、ため息と同じように、犬がストレスを感じているときの仕草です。ため息以外の仕草も観察して、犬はリラックスしているのかストレスを感じているのか察してあげましょう。

3.言いたいことがある

犬は人の言葉を話せませんが、鼻を鳴らして要求をすることがあります。「ピーピー」「キュンキュン」のように高音をイメージする人が多いでしょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル