top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

西山潤“曽我”が簡秀吉“栄枝”に気持ちを伝えてラブラブになる姿に胸キュン…「悶絶~っ」の声<好きやねんけどどうやろか>

WEBザテレビジョン

簡秀吉と西山潤がW主演を務める「好きやねんけどどうやろか」(毎週木曜夜0:54-1:24、読売テレビ)の第7話が2月22日に放送された。曽我(西山)が栄枝(簡)に気持ちを伝えてラブラブになるようすが描かれて胸がキュンとした。SNSでも「曽我さん気持ちを話せて良かったな~」「ラブラブやんか、曽我さんと栄枝くん!ぎえ~~っ、悶絶~っ」と視聴者が盛り上がった。(以下、作品のネタバレを含みます)

■「好きやねんけどどうやろか」とは

同作は2013年より連載開始された漫画「好きやねんけどどうやろか」(千葉リョウコ/海王社)が原作のBLコミック。家庭的な小料理屋を舞台に、誰とでもフレンドリーに話すことのできる肉食系関西弁イケメン店主・松本栄枝(簡)と、東京から転勤してきてきたものの関西の空気に馴染めない真面目なバツイチサラリーマン・曽我久志(西山)による、愛おしくももどかしい“ムズキュンラブストーリー”となっている。

栄枝と3年前に別れた元恋人・中津瑞樹役に奥野壮、また久志と同僚で大阪生まれ大阪育ちの歯に衣着せぬ物言いが特徴的なキャラクター・神田数代役に村瀬紗英、さらに栄枝と長年の付き合いがあり、良き理解者ともいえる幼馴染・龍田要役には、堀家一希が抜擢。これらのキャストは、いずれもドラマオリジナルキャラクターとして登場し、栄枝と久志の周囲を取り囲む主要キャラクターとなる。


■曽我が東京に戻ることを栄枝は知る

松本栄枝は母親が遺した大阪下町・路地裏にある安くて美味くて家庭的なメニューを出す小料理屋「たまえ」を切り盛りする若き店主。コテコテの関西弁を使う栄枝は、老若男女問わず誰にでもフレンドリーな性格で、居心地の良いお店はいつも常連で賑わっていた。

そんなある日、東京から大阪に転勤してきたバツイチサラリーマン・曽我久志が、上司に連れられて「たまえ」を訪れる。栄枝は自分が作った料理を綺麗に食べる曽我を見て一目惚れをしてしまい、唐突に「好きやんねんけど、どうやろか」と告白する。

栄枝に1年後に東京に戻ることを伝えようと「たまえ」に訪れた曽我だったが、そこには瑞樹がいた。

自分の想いを伝えようとする曽我だったが、事情を知らない麹町(荒井啓志)が乱入して、曽我が東京に戻ることを言ってしまう。落ち込む栄枝を心配した要(堀家一希)が気分転換にと誘ったのは「先輩カフェ アオハル」。店員として働く瑞樹とリュージ(カルマ)を交えて盛り上がる4人。その帰り道で栄枝と瑞樹に遭遇した曽我は今度こそ栄枝と真剣に向き合おうとするが、瑞樹は「アンタの出る幕ないねん」と言い放ち、栄枝の手を取って立ち去ってしまう。

その後、店に来た常連客の高木(清水伸)から曽我が発熱して寝込んでいることを栄枝は知る。栄枝が曽我に連絡を入れようとした矢先、曽我から「あいたい」と連絡が入り、栄枝は曽我のもとへと急ぐ。

■曽我「俺も栄枝くんが好きだ。良かったら俺とつき合ってください」

体調は悪いが話をしようとする曽我を栄枝は制するが、曽我は今まで話を引き伸ばしていたことを後悔しているからちゃんと話したいと伝える。

「遅くなってほんとにごめん。俺も栄枝くんが好きだ。良かったら俺とつき合ってください」と曽我は言い、栄枝は曽我に抱きつく。「夢みたいや嬉しい」と微笑む栄枝。

栄枝が作ったおかゆを食べさせてもらうと眼鏡が曇る曽我。栄枝に言われて眼鏡を外して「美味しい」と曽我が笑うと、「ほんまにかわいい」と栄枝は言ってキスしようと顔を寄せる。しかし、寸前で我に返って「いや、ちゃう。まずはしっかり体調を」と栄枝がいうと、曽我のほうから顔を寄せてキスをして微笑む。栄枝は驚くが、曽我の顔を見つめてキスを返すのだった。

やっと気持ちが通じ合った2人のラブラブなようすに胸がキュンとなった。SNSでも「後半の曽我さんの本心伝えてからのラブラブがめちゃくちゃ良くて」「曽我さん気持ちを話せて良かったな~」「ラブラブやんか、曽我さんと栄枝くん!ぎえ~~っ、悶絶~っ」と視聴者が盛り上がった。

◆構成・文=牧島史佳

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル