top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

24日の夜は2月の満月「スノームーン」を見よう! 本年最小の満月だぞ!!

ロケットニュース24

2024年2月24日の夜に、満月の瞬間がやってくる。ネイティブアメリカンによる2月の満月の呼称は「スノームーン」。

しかも、今回の満月はただの満月ではなく、2024年最小の満月でもあるのだ! 詳しくお伝えするぞ!!

・スノームーン

国立天文台によると、満月の瞬間は24日の21時半ちょうど。東京における月の出の時刻は17時14分。0時4分に南中し、翌日の6時44分に沈むというスケジュールだ。

月の高さはお住まいの地域によって変化するが、満月になる21時半には、日本国内であればどこでも南東の空のほど良く高い位置まで昇った状態にあると考えられる。

高すぎず低すぎず、非常に観測しやすい位置で、時間も21時半という遅すぎず早すぎずというほど良い感じ。非常に配慮の行き届いた満月だ。

広告の後にも続きます

北米最古の暦系メディア The Old Farmer’s Almanac によると、スノームーンと呼ばれる理由は、北米において2月は特に降雪量が多いからだそう。

これは日本でも、まあまあそんな気がする。2月は往々にして大雪警報が出がちなイメージ。滅多に雪が積もらない東京も、今年は2月に入ってすぐに大雪に見舞われた。

ちなみに本記事トップの写真は、毎月使い回している月の写真に、先の大雪の日に撮った写真を雑に合成したものだ。現実の光景ではない。

しかし月がよく見えるほど晴れた状態で雪が降るという、天気雨の雪版みたいな天候に恵まれた場合には、超望遠レンズとストロボを用いることで、このような写真を撮ることも可能かもしれない。

いちおうそのような天候を意味する、風花(かざはな)という言葉がある。それが満月の夜にピンポイントで発生するというのはかなりミラクル度が高いが、可能性はゼロではない。

その他の呼称としては、チェロキー族のHungry Moonなどがあるもよう。これは食べ物が手に入り辛いシーズンだからだそう。

・最小

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル