top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「不適切にもほどがある!」錦戸亮キレキレのダンスに喜びの声 衝撃の役どころに反響

シネマトゥデイ

「不適切にもほどがある!」にゲスト出演した錦戸亮 – (C)TBS

 阿部サダヲが主演を務め、宮藤官九郎が脚本を手がけるTBS系金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」(毎週金曜よる10:00~)の第5話「隠しごとしちゃだめですか?」が23日に放送。ゲスト出演した錦戸亮の演じた役柄と、久々に披露したダンス姿にX(旧Twitter)では喜びの声があがった。(ネタバレあり。以下、第5話までの展開に触れています)

 本作は、2024年にタイムスリップしてしまった、1986年に暮らす昭和オヤジ・小川市郎(阿部)が、過去と現在を行き来しながら、コンプライアンス無視の「不適切」発言で令和の空気をかき回すコメディー。錦戸は、昭和時代に登場する「重要な役柄」でゲスト出演することが予告されていた。

 前回のラストでは、市郎が令和で出会ったテレビ局のアシスタントプロデューサー・渚(仲里依紗)の父親として、古田新太演じる犬島ゆずるが登場。さらに第5話の冒頭では、渚が市郎の娘・純子(河合優実)とゆずるの娘であることが判明。そして錦戸が、ゆずるの若かりし日の姿であることが明かされた。

 昭和と令和であまりに変化したゆずるのギャップに、Xでは「なんで錦戸が古田新太になるんだよw」「錦戸亮が年老いたら古田新太になるのか…」など視聴者もツッコミ。また、純子と出会った時のゆずるは、ディスコの黒服を務めており、昭和の最先端ファッションに身を包んだ姿に「肩パッドの錦戸亮さん良い」と称賛の声もあがった。

古田新太とのまさかのつながりに反響(C)TBS

 そしてゆずるは、渚を身籠った純子との結婚を許してもらうために市郎の自宅へ。しかし、結婚を認めず「肩パッドはがして出直してこい」と言う市郎に、ゆずるも「肩パッドはゆずれません、ゆずるだけどゆずれません」と抵抗。さらに自分の本気を見せるため、ラジカセにカセットをセットして市郎に“結婚の許しを請うダンス”を披露する展開が描かれた。

広告の後にも続きます

 まさかの展開で錦戸が見せたキレキレのダンス姿に「錦戸くんのダンスが見れた」「久々に見た錦戸くんのダンスがこれwww」「錦戸亮の久し振りのダンス姿が、このドラマだとは思わなかったよ」と反響。おなじみのミュージカルシーンでは歌声まで披露し、視聴者からは「久々に錦戸亮の歌声を地上波で」など喜びの声が寄せられていた。(西村重人)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル