top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

総額8億9000万円の豪華メンバー クラシック登竜門・すみれSを制するのはどの馬だ

netkeiba.com

総額8億9000万円の豪華メンバー クラシック登竜門・すみれSを制するのはどの馬だ(C)netkeiba.com

 昭和の時代から、すみれステークス(3歳・リステッド・芝2200m)は出世レースとして存在感を維持し続けている。88年にはスーパークリーク、96年にはフサイチコンコルド、04年にはキングカメハメハが制覇。2着以下に敗れた馬からもゼンノロブロイやラキシス、キセキなどのGI馬が出ている。

 今年も素質馬が集った。注目すべきは出走馬の価格。ホウオウプロサンゲ(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)の4億1000万円(税抜、以下同じ)を筆頭に、ショウナンハウル(牡3、栗東・松下武士厩舎)の1億8000万円、ウィープディライト(牡3、栗東・池添学厩舎)の1億円と、1億円以上が3頭。自家生産馬のジューンテイクを除いた9頭の取引価格と募集価格を合わせると8億9300万円に達する。

 とはいえ、当然ながら高い馬=走るというわけではない。収得賞金を見ると、ジューンテイクとメリオーレムは900万円、他の7頭は400万円なので、どの馬もクラシックに出走するには賞金加算が必須。高額馬同士の負けられない戦いから目が離せない。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル