top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「信じられない!」世界ランク1位も啞然の表情。16歳・松島輝空の”超絶プレー”に海外実況は大興奮! WTT公式も手に汗握る善戦に脚光【世界卓球】

THE DIGEST

「信じられない!」世界ランク1位も啞然の表情。16歳・松島輝空の”超絶プレー”に海外実況は大興奮! WTT公式も手に汗握る善戦に脚光【世界卓球】(C)THE DIGEST
 世界ランク1位を慌てさせた日本の高校1年生が脚光を浴びている。

 連日、韓国で熱戦が繰り広げられている卓球の世界選手権団体戦。現地2月22日には準々決勝が行なわれ、男子の日本代表(世界ランク3位)は中国代表(同ランク1位)と激突。シングルスの世界ランクトップ3を揃えた卓球大国に真っ向勝負を挑んだ日本だが0-3のストレートを負けを喫し、ベスト8で敗退した。

 王国の壁はやはり高かった。エースの張本智和や3番手を担った篠塚大登が1ゲームを奪ったものの、百戦錬磨の相手の見事な対応力に屈し、一気に畳みかけられた。

 ベスト8で涙を呑んだ日本だが、そのなかでも強烈な爪痕を残した選手がいる。チーム最年少の16歳、松島輝空だ。

 日本のトップバッターとして登場した松島は世界ランク1位をキープする中国のエース樊振東(ハン・シントウ)と対戦。世界卓球で2連覇を果たしている絶対王者に、日本の新鋭は驚愕のパフォーマンスを繰り広げた。

 第1ゲームから両者は激しい打ち合いを展開。激戦のまま10-10となるも、最後は松島が押し切り、13-11で勝利する。なんと世界王者から、いきなり先制を奪う好スタートを切った。

 第2ゲームはお互いに強烈かつ素晴らしいラリーを見せ、一進一退の攻防に。特に8-4で樊振東が4点リードした場面では、会場が大興奮するスーパープレーが飛び出した。
  樊振東のサーブから強打を警戒し、台から少し離れた松島。相手の強烈なスマッシュを高く山なりに返球。すると、これが相手の卓上の深いところに落ちるロビングとなって決まると、会場からは「ウォオオオ!」と大歓声。焦った樊振東が1度は返すも、松島はこのボールもさばき、2度目はネットに引っかかってポイントゲット。会心のプレーにガッツポーズも飛び出す。恐るべきプレーに王者は信じられないといった表情で、額から流れる汗を拭った。

 この超絶プレーには海外実況も思わず、「信じられない!」と絶叫。「なんてことだ! マツシマがポイントを奪ったぞ!」と興奮を隠し切れなかった。

 現役高校生とは思えない堂々たる戦いぶりで強敵に立ち向かった松島。それでも最後は樊振東の地力が勝り、10-12で奪われてしまう。第3ゲームは松島がリードする場面もあったが、相手の変幻自在なサーブと強打に翻弄されて逆転を許す。あとがなくなった第4ゲームもマッチポイントを握られて、力尽きた。ゲームカウント1-3で、松島は無念の敗北を喫した。だが世界王者に善戦した若武者に対して、会場からは労いの拍手が送られた。

 ワールドテーブルテニス(WTT)の公式X(旧ツイッター)もこの試合をピックアップ。文面には「世界ランキング1位の樊振東は、ソラ・マツシマがヒートアップしても動じなかった」と綴り、世界王者の底力を称えるとともに日本の超逸材にも熱い視線を送った。

 敗れ去ったとはいえ、卓球最強国の絶対王者に堂々とガチンコ勝負を挑んだ松島。そのの戦いぶりは、卓球界に絶大なインパクトを残した。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】世界ランク1位を焦らせた驚異の16歳・松島輝空。互角な試合に海外実況も大興奮!
【関連記事】「すごく頭の切れる選手だ」世界1位・樊振東は対峙した“16歳の新星”松島輝空をどう評価した?「最初は彼のキーポイントが掴めなかった。でも…」【世界卓球】
 
【関連記事】「怪物じゃないか!」16歳・松島輝空が世界ランク1位を相手にみせた“怒涛の大善戦”に中国メディア衝撃!「新たな天才」「武士道戦法だ」【世界卓球】
 
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル