top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

『Alan Wake 2』によって広がる”Remedyユニバース“ 作品間で共有される世界観と、今後の布石とは

Real Sound

Copyright 2023 Remedy.

 『ALAN Wake 2』は、Remedy Entertainment(以下、Remedy)より2023年10月27日に発売された。連邦捜査官サーガ・アンダーソンと、闇に囚われた作家アラン・ウェイクの二人が闇の世界と対峙するホラーアクションゲームであり、2010年に発売された『Alan Wake』の次回作にあたる。TPS(サードパーソンシューティング)に光を用いた戦闘ギミックと演出、そしてメタフィクションな物語。どれをとっても一線級のホラーゲームとして完成していたタイトルだ。現に『the game awards 2023』の「Game of the Year」にノミネートされているのが、その証明と言える。

参考:【画像】『Alan Wake 2』も世界観を共有する“Remedy Connected Universe”の作品たち

 前作『Alan Wake』をプレイした人ならば、今作での“懐かしい出会い”にさぞかし興奮したことだろう。が、それと同時にFBC(情報捜査局)やAWEなどの舞台設定に困惑したプレイヤーも同時にいたかもしれない。これらは、今作から新たに登場したものではなく、Remedyが2019年に製作した『CONTROL』ですでに登場している。つまり『CONTROL』と「Alan Wake」シリーズは世界観を共有しているというわけだ。

 これをRemedyは、“Remedy Connected Universe”と呼称している。

■Remedy Connected Universeと『CONTROL』

広告の後にも続きます

 Remedy Connected Universeについて記述していく前に、まずは『CONTROL』の概要を紹介しないといけない。

 『CONTROL』とは、Remedyが2019年に製作したアクションアドベンチャー。現実の法則を歪める異常な存在「変貌アイテム」の収容・研究・管理を行う機関「連邦操作局(Federal Bureau of Control・FBC)」の新局長となったジェシー・フェイデンが、FBC本部であるオールデスト・ハウスで巻き起こる超常現象との戦いに挑むことになる。この“現実の法則に反した異常な物品や現象などを管理する秘密組織”という設定は『SCP財団』から着想を得たものだ。

 本作では、VHSやフロッピーディスクなどの日常的なアイテムが別次元からのエネルギーを取り込むことで生まれた「パワーオブジェクト」が登場。ジェシーは、それに触れることで能力を獲得し、戦闘で使用できる。また、同作は「Alan Wake」シリーズよりもややアクションゲームとしての要素が強いタイトルとなっている。

 この『CONTROL』には、『AWE』というダウンロードコンテンツ(DLC)が登場する。本ダウンロードコンテンツはRemedy Connected Universeにとって非常に大きな意味を持つ。なぜなら、『AWE』はいわば“『Alan Wake 2』の序章”に位置付けられるからだ。

 本DLCの主人公はジェシー。彼女はアラン・ウェイクに導かれ、闇の力によって変異した局員の対処を迫られる。ここで登場する闇の力とは、『Alan Wake』に登場したものと同一であり、アラン・ウェイクもまた同じキャラクターとなっている。

 『AWE』では、『Alan Wake』のエンディングで闇の世界に閉じ込められたアランが『Alan Wake 2』にいたるまでの様子が垣間見られる。『Alan Wake 2』をすでにプレイしていれば、すんなりと話の流れを汲むことができるだろうし、新しい発見などもあるだろう。逆に、シリーズ未経験だとかなり理解が難しい部分もあるかもしれない。だが『Alan Wake 2』の物語をより楽しむためにも、ぜひとも触れてみてほしい。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル