top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

「貴乃花の二の舞にならなきゃいいけど」元白鵬に寄せられる危惧…「大横綱、弟子の暴力で降格」に重なる足跡

SmartFLASH

日本相撲協会の臨時理事会に出席するため、部屋を出る幕内・北青鵬(写真・時事通信)

 

 2月23日、日本相撲協会が臨時理事会を開き、幕内・北青鵬の引退届の受理と、師匠の宮城野親方(元横綱・白鵬)の2階級降格などの処分を決定した。

 

 協会の調査によると、北青鵬は2022年7月ごろから弟弟子に対して「顔面、背中及び睾丸への平手打ち等」「殺虫剤スプレーに点火してバーナー状にした炎を体へ近づける」などの暴行を日常的におこなっていたという。

広告の後にも続きます

 

 

 宮城野親方の処分は、「委員」から序列がもっとも下の「年寄」への2階級降格と、報酬の減額。協会はさらに「師匠としての素養、自覚が大きく欠如している」と指摘。3月の春場所では所属する伊勢ヶ濱一門の親方が師匠を代行し、4月からは部屋を一門の預かりとし、宮城野親方に対し師匠・親方としての指導や教育をおこなうとしている。

 

「暴力行為をおこなっていた北青鵬は『引退受理』ですが、実質的には角界追放の処分です。宮城野親方への処分は『厳しすぎる』という声も一部にはありますが、1年以上も続いていた暴力を把握しながらそれを止められなかったわけで、これも当然です。協会のコンプライアンス委員会からは『協会から排除すべき』という厳しい意見まで出ていたほどなので、部屋を一門の預かりとする“師匠はく奪”という処分も妥当と言えるでしょう」(相撲ライター)

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル