top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

エクスペディア、より使いやすいサービスへ。CEO来日でブランド刷新を発表&日本人向けサービスを拡大

マイナビウーマン

世界の大手総合旅行ブランドの一つであるエクスペディアは、2006年の日本でのサービス開始から今年で18周年を迎えます。

それに際し、世界70カ国以上で展開するエクスペディア・グループ 副会長 兼 CEOのピーター・カーン氏、エクスペディア・グループ ブランド統括のジョン・ギーゼルマン氏が来日し、記者発表会を開催。日本の旅行業界動向や今後の日本の旅行市場への展望の他、インバウンドならびにアウトバウンドに関する最新のデータなどを紹介しました。

■日本でのサービス開始から18周年、AIや機械学習をさらに活用

エクスペディア・グループは長年、海外OTAのパイオニアとして市場を牽引し、国内・海外のアウトバウンド旅行を促進するとともに、海外旅行者の継続的な日本への流入を後押ししてきました。

また、グローバル企業ならではのリーチやデータ、テクノロジーを活用してパートナー企業、日本企業の支援も行っています。

広告の後にも続きます

インバウンド旅行は日本経済の大きな柱になっていますが、訪日客のデータを見るとアメリカからの旅行者が非アジア圏を除いて最も多く(※1)、また、アメリカからの旅行者のうち半分以上はエクスペディア・グループからの送客(※2)であり、エクスペディア・グループは日本のインバウンド需要の大きな原動力になっています。

また、これからの春シーズンに旅行するアメリカ人旅行者にとって、この時期に見られる桜は大きな魅力であり、エクスペディアでの東京の検索数は2年連続で前年比55%近く増加(※3)しています。

エクスペディア・グループは、生成AIをどのように活用するか、AIを使ったバーチャルエージェントの可能性を模索するとともに、日本の観光業界を支援するためのB2B戦略を用意しています。

今まで同社は、独自のマーケットプレイスとブランドを構築し、テクノロジーの革新をリードしてきました。同社は「この経験を活かし、AIや機械学習をさらに活用し、業界のパートナー企業が旅行者により良い体験を提供し、さらに成長できるような製品やサービスを提供してく」としています。

※1 日本政府観光局(JNTO)発表 2023年の訪日外客数データより ※2 エクスペディア・グループのデータに基づく ※3 Expedia.comで検索されたフライト検索結果に基づく 対象期間2024年3月5日~4月26日(2024年1月15日時点)

■新機能とカスタマーサポートの強化

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル