top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『SING/シング』を彩る60曲以上のヒットソング 心情に寄り添う珠玉のナンバーをおさらい

Real Sound

『SING/シング』©2016 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED

 2月23日、日本テレビ系『金曜ロードショー』で、『ミニオンズ』を生み出したイルミネーションの大ヒット作『SING/シング』(2016年)が放送される。続編『SING/シング:ネクストステージ』(2021年)も作られた人気シリーズである本作には、レディー・ガガやテイラー・スウィフトといった有名シンガーのヒットソングが満載。なんと60曲以上にも及ぶ楽曲が劇中にちりばめられている。その中でも、ぜひ注目してほしい曲を紹介したい。

 参考:【写真】内気なゾウのミーナ(トリー・ケリー/MISIA)

 『SING/シング』の舞台は、動物だけが暮らす世界。かつては賑わっていたが、今では倒産寸前のムーン劇場の支配人で、エンターテインメントを愛するコアラのバスター・ムーン(マシュー・マコノヒー/内村光良)は、どうにかして劇場を立て直そうと頭を悩ませ、歌唱コンテストを開催することを思いつく。

 ところが、オーディションに集まったのは、ギャングのリーダーの息子で、家業から足を洗いたいと願うゴリラのジョニー(タロン・エジャトン/大橋卓弥)や、25匹の子ブタの世話に追われる母ロジータ(リース・ウィザースプーン/坂本真綾)、恋人と別れたばかりのハリネズミのアッシュ(スカーレット・ヨハンソン/長澤まさみ)、極度のあがり症で内気なゾウのミーナ(トリー・ケリー/MISIA)、欲張りで自己中心的なネズミのマイク(セス・マクファーレン/山寺宏一)、超ハイテンションでダンスが上手いブタのグンター(ニック・クロール/斎藤司)など、訳アリのメンバーばかり。

 果たして、バスターは劇場に大勢の観客を取り戻し、オーディションの参加者たちは人生を変えるチャンスをつかむことができるのか。

広告の後にも続きます

 まず、オーディションで繰り広げられるパフォーマンスのシーンで、多数の楽曲が取り上げられる。その中には、きゃりーぱみゅぱみゅの「きらきらキラー」が日本語で歌われたり、ビヨンセの「クレイジー・イン・ラブ」、レディー・ガガの「バッド・ロマンス」などが披露されたりしている。ちなみに、きゃりーぱみゅぱみゅの楽曲はほかにも、「にんじゃりばんばん」と「こいこいこい」も使用されている。

 見事、オーディションをクリアし、ステージに立つことになったロジータとグンター。ブタの2人はコンビを組み、デュエットすることに。その際に使われる楽曲は、テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」。ノリノリのメロディーが印象的なこの曲で、主婦のロジータはダンスに挑戦するが、踊るのが得意なグンターと違って苦戦し、最初は転んでしまう。だが、「気にしてなんかいられないっ!!」とばかりに、振り切ってパフォーマンスに邁進するロジータの姿が最高だ。

 ゴリラのジョニーがピアノを弾きながら熱く歌うのは、エルトン・ジョンの「アイム・スティル・スタンディング」。日本版ではスキマスイッチの大橋卓弥が歌っているが、オリジナル版でジョニー役を演じて熱唱したタロン・エジャトンは、その後、エルトンの半生を描いたミュージカル映画『ロケットマン』で、エルトンの役を演じることになったというのが感慨深い。

 バスターの親友で、裕福なヒツジのエディ(ジョン・C・ライリー/宮野真守)が、バスターからの電話で起こされるシーンでは、ワム!の楽曲「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」が使用されている。陽気なこの曲は、エディが眠りから目覚める場面にピッタリだ。

 ゾウのミーナが、バスターに励まされて極度の緊張を克服して歌うのは、スティービー・ワンダーの「くよくよするなよ!」。徐々に自分を解き放って、熱唱するミーナのパフォーマンスシーンは圧巻だ。

 『SING/シング』にものすごくハマった筆者は、正直なところ、同時期に日本で劇場公開されていた『ラ・ラ・ランド』よりも感動し、歌の力を実感して、自然と何度も涙が流れた。今回の『金曜ロードショー』での放送で、珠玉の楽曲と素晴らしい歌唱に集中しながら、『SING/シング』を存分に楽しんでほしい。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル