top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

プロモーションにアーティスト育成…… 2024年における地下アイドルシーンに足りないものとこれからの課題|「偶像音楽 斯斯然然」第123回

Pop’n’Roll

Pop’n’Rollが2024年3月31日(日)をもって更新終了することを受けて、当サイトの連載で最多更新数を誇る『偶像音楽 斯斯然然』も残り2回に。今回は、ライブアイドルシーンの現状と課題に正面から切り込む。シーンを長年見続けきた冬将軍の愛のある提言をお届けする。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週金曜日更新)。

先日発表された通り、Pop’n’Rollが3月いっぱいをもってサービス終了……(涙)。ということで、この連載も残すところ今回を含めて残り2回。そこで、ここ数回で取り上げていたテーマを含め、これまでの統括を込めて2024年2月時点の地下アイドルシーンの現状と課題について、個人的に感じていることを赤裸々に書き連ねていきたい。

地下アイドルゆえの閉塞感

かつて“地下アイドル”は蔑称でもあった。自作の衣装でカバー曲を歌う。自分の楽曲を持たないために音源を販売することができず、おもな活動資金源となるものはライブに来てくれたファンとのチェキ撮影……という、いわば身を削って活動しているような目で見られていたアイドルを指す言葉であった。

しかしながらいつしか、そうした地下アイドルのマネタイズがシーンを大きくしていった。今や蔑称ではなくなり、アイドル本人が地下アイドルを名乗ることは普通になっている。

利益を考えれば、販売網や流通を省いた地下アイドルのマネタイズに勝るものはない。反面でそこに関わる人間も限られ、経済圏も狭いのが事実である。これが現在のシーンの閉塞感に繋がっている要因の1つともいえるだろう。

必要最低限の経済圏で完結するシーンであるが故に、そこに入って行かない限りは情報収集ができない。現に私の周りの音楽関係者、メディア媒体関係者の多くを見ても、現在の地下アイドルで何が流行っているのか、どのグループが人気なのか、どのくらいのキャパでイベントが行なわれているのか、ほとんど知られていないのである。

そうした中で、どうプロモーションしていくのか。それがシーンとしての大きな課題であるだろう。よく、“見つかってほしい”という言葉を目にする、耳にするが、見つけてもらおうともしていないのに、それは無理な話である。いい曲があって、いいライブをやっていれば見つかる……そんな都合のいい話など、そう滅多にあるものではない。

ただ、誰もが乃木坂46になりたい、BiSHになりたいとは思ってはいないだろうし、“売れる”ことが成功とは限らないというのも事実である。

TikTok問題

そうした中で、SNSを使ってのセルフプロモーションの大きなフォーマットであるTikTokだが、ユニバーサル ミュージック グループ(UMG)がTikTokとの契約更新の交渉決裂を発表。2024年1月31日をもって同所属アーティストの楽曲を一斉に削除するという事態が起こった。すでにアップされているUMG所属アーティストの楽曲は、無音のミュート状態となった。

以前より指摘されてきた権利関係や報酬、そして情報管理体制が問題視されてきた中での今回のUMGの判断は大きく、3大メジャーのほか2社、ソニーミュージックとワーナーミュージックがこれに続く可能性もあり得る。また、本件とは直接関係ないが、アメリカ、カナダ、イギリス、ニュージーランドでは、数年前より政府および行政機関の業務用端末でのTikTok使用を禁止している。さらにアメリカでは州によって規制の動きが活発となり、モンタナ州で2023年5月にTikTokの事業運営や一般市民を対象としたアプリのダウンロードを全面禁止とする法案が成立されている。日本では、こうした規制や法整備はされていない。

現状、地下アイドルに直接的な影響はないにせよ、今回のUMGの件でユーザー側がTikTokに対して、少なからず疑問と不信感を抱くことになってしまったのは間違いない。

iLiFE!が問う“ライブアイドル”性

広告の後にも続きます

SNSバズマーケティングの成功者、FRUITS ZIPPERがレコード大賞新人賞受賞、ミュージックステーション出演、そして日本武道館2デイズを控えた地上への街道をまっしぐらに突き進んでいる一方で、現在地下アイドルの圧倒的王者となっているのがiLiFE!だ。

SNSでの大バズが非アイドルファンへの呼び水となり、多くのライブ展開によって“アイドルを推す楽しさ”を教えていくという、最新型の“今、会いに行けるアイドル”を提示していることは前々回述べた。そうしたマーケティング戦略もさることながら、何よりも楽曲とライブパフォーマンスの強さがiLiFE!の最大の強さだと考える。

どのグループも全員がちゃんと歌って踊れるスキルを備えているのがHEROINESクオリティであるし、制作陣営含め作り出される楽曲&サウンドともにバンド色が強いというのも、訴求力の高さになっている。そうしたHEROINESの中でもiLiFE!の華は一際目立っている。言わずもがな「アイドルライフスターターパック」のライブでの盛り上がりは半端ないが、そこに頼らず「アイドルライフブースターパック」といったキラーチューンを連発していることも大きな強さだろう。最近のライブを観て感じているのは、「サイクロンライフ」の盛り上がりが「アイドルライフ」2部作を超えているのではないかということ。実際「アイドルライフスターターパック」を外したセトリでも圧倒的な強さを誇る“ライブアイドル”になっている。

iLiFE!「サイクロンライフ」【LIVEMOVIE】

ライブアイドルとは、蔑称として使用されていた地下アイドルの代替呼称として使用されてきたものであるが、 “ライブバンド”と同様にライブが得意なアイドルとしての意味合いとして、改めて使っていきたいものである。

iLiFE!は、この先どこへ行くのだろうか。「アイドルライフスターターパック」の題材や、そもそものグループコンセプトが“私(i)と貴方(!)で作るアイドル(i)ライフ(LiFE)”という地下アイドル発祥のものであるため、路線変更せずにこのスタイルで行けるところまで突き進んでほしい。それが地下アイドルシーン全体の活路を開くことになり得る。

HEROINESの動向もより注目すべきところだ。新規グループや、ヒロインズ研究生といった自社の新プロジェクトはもちろんのこと、新生LADYBABYやアキシブprojectの移籍など、外部運営と連携したプロジェクトも目立っている。これはHEROINESに限ったことではなく、共同プロデュースや業務委託といったケースは今後増えていくのではないだろうか。

2次元化したアイドルビジュアル

HEROINESが誇るストーリー性を帯びた情報量の多いアー写は今や多くのグループが真似するところでもある。中には上辺だけを真似て、本人より背景が目立っていたり、衣装と背景の境目がわからなくなっていたり、というケースも目にするのだが……。

ファッション界では“コロナ禍によってファッションは2次元化した”と言われる。世界的なロックダウンによって、“街で見るファッション”から“SNSで見るファッション”へ変化したのである。数年前まで主流となっていたシンプルなスタイルのノームコアから、ヒッピーファッションやサイバー、Y2Kリバイバルといった、攻めのファッションが注目を浴びるようになった。このトレンドはアイドルシーンにも見受けられる。WACKグループを筆頭に、装飾の少ないシンプルな衣装にローテクスニーカー、といったスタイルから、煌びやかさを纏う衣装にダッドスニーカーや厚底ブーツを合わせたものへと主流が移っている。それは先述のアー写しかり、メイクしかり、写真加工もそう、SNS映えが重視されている。数年までは少々大袈裟に見えたビジュアルでも、現在ではスタンダードになっている現実がある。

そして、アフターコロナによりファッションは華やかさを残したまま、より多面的になると言われている。それはアイドルも同様であろう。先述の“今、会いに行けるアイドル”のアップデートもそうした延長にあるものだろう。

そういった動きの際たるものが、私が勝手に枠づけている“地雷系ロック”である。

地雷系ロックという新たな潮流

アイドルにおいて、これまでタブーとされてきた負の感情や自虐観を武器とする、人間の弱さを力強く歌う新世代のアイドルの登場。Z世代の代弁者だ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル