top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

猫の病中病後や介護で役立つ『ケア方法』5つ

ねこちゃんホンポ

猫の介護で大切なこと

猫も高齢化が進んでいます。それに伴い介護が必要になる状況も増えてきました。猫の介護で大切なことは「自分でできる」を尊重することです。

猫は、トイレも食事もできる限り自分で頑張りたいと思っています。最初から全てにおいて手を貸すのではなく、少しサポートするという姿勢を大切にしましょう。

猫の思いに応えるケア方法

具体的には、どのようにサポートしてあげれば良いのでしょうか?愛猫の気持ちを尊重しながらできるケア方法を5つご紹介いたします。

1.ウエットフードを活用する

猫は年齢を重ねるうちに嗅覚が衰えてしまいます。そうすると、風味を楽しむことができずに食欲が落ちてしまいます。

香りの強いウエットフードは、食欲を出してくれます。柔らかくて食べやすいですし、水分補給もできるので重宝します。

広告の後にも続きます

また、歯周病や口内炎の影響で食事が困難になってしまったときは、ドライフードをふやかすと食べやすくなります。それでも難しい場合は、ウエットフードを活用しましょう。

2.食器の位置を高くする

高齢になると、低い位置での食事が首に負荷をかけ、食べにくくなってしまいます。食器の下に台を置いて高さを出すと食べやすくなります。

それでも自力で食べられなくなってしまったら、介助します。シリンジを用いてペースト状のご飯を食べさせる場合は、誤嚥(ごえん)に気をつけましょう。少量ずつ流し、必ず飲み込んだことを確認してください。

3.トイレにステップやスロープをつける

猫は綺麗好きなので、トイレ以外の場所での排泄には抵抗があります。ギリギリまでトイレでできるようにサポートしてあげてください。

トイレの段差がネックになっている場合は、縁の低いトイレに変更したり、ステップやスロープをつけて対応します。

自力で移動することが困難になってきたら、少し大変かもしれませんが飼い主さんがトイレへ連れて行ってあげてください。愛猫もトイレの意思表示ができるようになり、徐々にそのサインにも気づけるようになります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル