top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

名作ADV「オホーツクに消ゆ」が2024年夏リメイク決定!公式Xもオープン

おたくま経済新聞

 1987年発売のファミコン版が人気を博したアドベンチャーゲーム「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」が2024年夏、ニンテンドースイッチ、Steam(PC)向けにリメイクされることが発表されました。

 これにあわせて公式Xアカウントもオープン。「ドラクエシリーズ」の生みの親、堀井雄二氏がシナリオを手掛けた名作ADVのリメイク決定に、歓喜の声が挙がっています。

【元の記事はこちら】

■ タイトルは「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ ~追憶の流氷・涙のニポポ人形~」

 「オホーツクに消ゆ」は、元々は1984年にPC60用ソフトとして発売されたタイトル。つまりファミコン版も実質的にはリメイクに当たりますが、こちらで認識している方も多いでしょう。

 北海道の実在の観光スポットである摩周湖や屈斜路湖、夕張炭鉱や、網走刑務所で作成されているニポポ人形なども登場する造詣の深さ、漫画「べーしっ君」の作者である荒井清和氏が描く魅力的なキャラクター達が織り成す本格サスペンスストーリーは、発売から40年が経った今も色褪せることはありません。

広告の後にも続きます

 そんな「オホーツクに消ゆ」が、2月21日深夜にYouTubeで配信された「Nintendo Direct」内でリメイクされることが突如発表。

 タイトルを「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ ~追憶の流氷・涙のニポポ人形~」と改め、公開された映像では、荒井氏が新たに描き起こしたキャラクターが滑らかに動く様子や、ウインドウ枠がなくなったことにより画面いっぱいに広がる美しい北海道の風景が一部公開されています。

■ 堀井氏が監修した新作ストーリーも 37年後の2024年が舞台

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(ゲーム)

ジャンル