top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【NOAH】野獣・藤田が“ギャラダウン提示”に激怒 ジェイク戦へ「あいつが来てNOAH潤ったか?」

プロレス/格闘技DX

【NOAH】野獣・藤田が“ギャラダウン提示”に激怒 ジェイク戦へ「あいつが来てNOAH潤ったか?」(C)プロレス/格闘技DX

『STAR NAVIGATION 2024』後楽園ホール(2024年2月23日)
○丸藤正道&藤田和之vsジェイク・リー&LJクリアリー×

 野獣・藤田が3・2名古屋大会での一騎打ちが決まったジェイクを「アイツが来てNOAHがうるおったか?」と猛批判。“ギャラのダウン提示”の遠因をジェイクと断じて怒りをぶちまけた。

 3・31後楽園大会でのGHCヘビー挑戦を控えるジェイクだが、王者イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.はメキシコ帰国中のため不在。次期挑戦者としての存在感を示すべく、ジェイクはあえて難敵・藤田との一騎打ちを希望し、3・2名古屋大会でのシングル初対決が決まった。

 この日はタッグマッチで前哨戦。仕掛けたのは藤田だった。代名詞の『赤まむし』を口にふくむや、ジェイクの足元に噴射して敵意をあらわにすると、序盤から真っ向から巨体をぶつけ合った。

 中盤過ぎにはジェイクのお株を奪う“ピストル”ポーズからの串刺しラリアットも発射。真っ向から激しいエルボ-合戦を繰り広げ、藤田のジャーマン、ジェイクのレッグラリアットが交互に3連続で連鎖する火花を散らした。

 終盤にはひたすら場外でエルボー合戦を展開。試合が終わっても徹底的ににらみ合ったものの、バックステージで怒りをぶちまけたのは藤田だった。ジェイクを小馬鹿にしながら「リーさん」と呼んだ野獣は「リーさんがNOAHに来て(GHCヘビーの)ベルト持ったよね。NOAHうるおった? お客さん入りましたか? まったくだろ!」と猛批判。さらには「おかげでしわ寄せがこっち来ちゃった。(契約更改で)NOAHがこんな状況だから地方巡業も全部出るって言ったんだよ。そしたら結果マイナス。(ギャラ)ダウンだよ」と告白し、「なにがグッドルッキングだよ。マネーだろマネー。NOAHでメインを気取ってるなら“グッドマネー”をちゃんと流すようにやれよ! なにがルッキングだ。ちゃんと怒れよ! 怒んなきゃ俺に届かねえんだよ!」と怒りをぶちまけた。

 一方のジェイクは藤田発言を伝え聞くと「歳を重ねすぎてラクな方、ラクな方にに行ってるんじゃないのかな。グッドマネーってなんだよ…。はぁ…責任転嫁するヤツらばかりだな」とため息。それでも「分かった。俺もそのつもりだ。金儲けないと。この仕事してる限りは。シングルでじっくりやれるんだろ? まずはそこでじっくり魅せることだろ? いいさ、やってやるさ。そして金を生み出してやる。藤田、ボコボコにしてやる」と前を向き直して通告した。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル