top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「実際に行ってみたら、すごく楽しかった」ゆたぼんが語った、学校に通い始めた“本当の理由”。“父親との確執”噂にも回答

日刊SPA!

「ここ! 見てください、この海の近くの公園で学校の友達とサッカーしたんです」
 そう言って、小さな歯を見せあどけなく笑う男の子──。’18年に『不登校は不幸じゃない』と題した動画を配信、「少年革命家」を名乗るようになったYouTuberのゆたぼんである。「学校に行って病むくらいなら、不登校でいい」。一貫してそう主張し続けてきた彼が、昨年9月から中学校に通い始めた。父親との確執も噂されているが、今はどんな生活を送っているのか? 本人を直撃した。

◆人生は勉強や!元少年革命家の現在地

──今日は一日中撮影に応じてくださりありがとうございます。

ゆたぼん:いえ、僕も知っている場所をいろいろ案内できてよかったです! 撮影した海は、放課後によく行きます。ボクシングのトレーニングで、砂浜をダッシュしたり筋トレしたり。

──青春真っただ中ですね。今日も待ち合わせ場所に一人制服で現れてびっくりしました。

ゆたぼん:まあ、今は普通に中学校に行っているんで(笑)。もともと小学校に行くのをやめたのは、親が許してくれたのが大きい。発端は小学3年生の時、クラスのみんなが先生の言いなりになっていることに疑問を感じ始めて、それで僕は先生が出した宿題をボイコットした。そしたら、放課後に居残りさせられて……。学校も先生も信用できなくなりました。親に正直な気持ちを話したら「学校は行きたい時に行っていいよ」って言われて。あの時は嬉しかったなぁ。不登校になって翌年の’18年には、家族会議で「どうせなら好きな場所で暮らそう」と決めて、沖縄に移住しました。

──YouTubeで発信しようと思ったきっかけは?

ゆたぼん:実は「少年革命家ゆたぼん」として活動する前から動画は配信していたんです。小学2年生のころはお笑い芸人になるのが夢だったので、親に話したらYouTubeの存在を教えてくれ、細々活動するようになりました。もともとネットで意見を発信することには慣れていて、ゆたぼんはその延長でもあります。

◆小学5年生でアンチとバトル

──「不登校でもいい」という発信は賛否両論ありましたね。

ゆたぼん:でも、世の中には学校が嫌すぎて自殺してしまう子どももいる。だから僕は「学校に殺されるくらいなら行かなくていい」とずっと伝え続けてきました。’19年には、琉球新報に僕の主張が取り上げられましたが、それがネットで大炎上。アンチも増え、600人だったチャンネル登録者数が一気に1万人になって、本当に人生が変わった瞬間でしたね。

──炎上した時は大変ではなかったですか。当時はまだ小学5年生です。

ゆたぼん:いや、怖い。半端なく怖かったです……。こんな大人もいるんやと知って、唖然としました。でも、「学校に行っても、ネットで暴言吐くような大人になったら意味ないやん」って、次第に気にしなくなりました(笑)。太陽という輝きを前に、影ができるのは当たり前。僕が輝いているから、アンチという影ができてしまったんですね。それに、この炎上がなければ僕という存在、“ゆたぼん”は生まれていなかった。だから、きっとこれで良かったんです。

◆父親は「一度くらい学校に行くのもいいんじゃないか?」

──それが昨年9月から学校に通い始めたのには、理由があるんですか?

ゆたぼん:中学1年生の時から一回も学校に行かないうちに3年生になってしまいまして、卒業を目前にして、まぁ一度くらいは登校してもいいかなって気持ちになったんです。

──ネットではお父上が、ゆたぼんさんの登校を阻止していたとも囁かれていますが……。

ゆたぼん:いえ、逆に親父は「一度くらい学校に行くのもいいんじゃないか?」と漏らしたこともあるくらいで。動画でコラボした人からも何度か似たような助言をされていました。そのたびに「登校したいと思える時がきたら」と伝えていました。それで、実際に行ってみたら、すごく楽しかった!

◆好きなコもできて充実の学校生活

──学校生活はどうですか。

ゆたぼん:もう日常が普通に楽しい。仲のいい友達もいて、そいつとは小4から中3までずっと同じクラスなんですよ! 奇跡でしょ? そのコも含めて学校で友達とおしゃべりするのがブーム。気になっている女子もいるんやけど、クラスのみんなにもバレちゃって、若干本人にも気づかれてるんでそれは気まずい(笑)。休み時間に友達にからかわれるんですよ。

──甘酸っぱくていいですね。好きなコは芸能人だと誰に似ているとかありますか。

ゆたぼん:えっ、それはわかんないです! なんか可愛いって感じて、単純に好きだなぁというか、まぁそんな感じです(笑)。あとは、今は週6ジムに通ってボクシングもしているので、もっと強くなることも目標ですね。

◆不登校だったことに後悔は一切ない

──学校生活が充実している分、今まで不登校だったことへの後悔はありませんか。

ゆたぼん:それはないです。ゆたぼんあっての自分ですし、YouTuberじゃなかったら、いろんな有名人とコラボする機会もなかった。中2の時に「スタディ号」で全国を回ったのも貴重な体験でした。

──確かに、普通の生徒にはできない体験ばかりです。

ゆたぼん:おかげでちょっとした有名人です。盗撮されてもすぐ見抜けるようになりました。それから、悪い大人と良い大人を見分けることもできますよ。嫌な大人は動画でコラボしたい時だけ頻繁に連絡をしてくるけど、コラボが終わったらLINEしても返事がない。知名度だけ利用されたんだなって思います。良い大人はちゃんとコラボ後もLINE返してくれます。まあ、大変なこともありますが、今後もSNSを中心に発信は続けていきたいですね。

◆一人で暮らすならやっぱり大阪かな

──動画以外、プライベートでやりたいことはありますか。

ゆたぼん:YouTuberなので、撮影と日常生活の境目がない。プライベートはちょっとわからないですね。でも、僕も将来は海外旅行したり、一人暮らしすることとかあるんかな。一人で暮らすならやっぱり大阪かな。本当は大阪の人やから。

──まだ先ですが、将来どんな大人になりたいですか。

ゆたぼん:自分がやりたいことをやって、お金も稼いで楽しく過ごしていったらいいな。具体的にやりたいことですか? うーん、わからないですね。それは未来の僕に聞いてください。人生は冒険や!

「少年革命家」から脱皮し、時折“青年”の顔をのぞかせるゆたぼん。今後の変化も追っていきたい。

【ゆたぼん】
’08年、大阪府生まれ。’18年に自身のYouTubeチャンネル(@yutabon_youtuber)にて、不登校であることを公表。同年、沖縄県に移住。地元新聞に取り上げられたことをきっかけに知名度が上がり、著名人とのコラボ動画を配信。現在は学校へ通いながら、「青年革命家」として活動中

取材・文/松原麻依(本誌) 撮影/岡崎たかお

―[インタビュー連載『エッジな人々』]―

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル