top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【J1注目プレビュー|第1節:名古屋vs鹿島】新たなスタートを切る両者、スタイルを出して開幕白星を掴むのは!?

超ワールドサッカー

【明治安田J1リーグ第1節】
2024年2月23日(金・祝)
18:00キックオフ
名古屋グランパス(昨季6位) vs 鹿島アントラーズ(昨季5位)
[豊田スタジアム]

◆スタイルは継続、顔ぶれはフレッシュに【名古屋グランパス】

2023シーズンは優勝を争っていた前半戦とは打って変わって、夏場以降は大失速。6位という結果だったが、悔しさしか残らないシーズンとなってしまった。

長谷川健太監督の下、3年目を迎えたが、今オフは選手が大幅入れ替え。特に最終ラインは主軸3人が退団するなど、一新された。

一方で新戦力も多く獲得し、戦力としては整えながらも、完成度としてはまだまだ高くはないはず。チームとしてアグレッシブにゴールへと向かっていくスタイルの中で、ピッチ上での連係・連動は重要となる。

スタイルは継続する中で、選手が入れ替わった名古屋。すぐに結果を残せるのか、それとも序盤は苦しむのか。昨季苦しんだ後半戦の戦いを糧に、開幕戦勝利を掴みたい。

★予想スタメン[3-1-4-2]
GK:ランゲラック
DF:野上結貴、井上詩音、三國ケネディエブス
MF:椎橋慧也
MF:中山克広、稲垣祥、森島司、山中亮輔
FW:キャスパー・ユンカー、和泉竜司
監督:長谷川健太

◆“常勝軍弾”の復権なるか【鹿島アントラーズ】

タイトルから遠ざかり続けている鹿島アントラーズ。“常勝軍団”の名に相応しい戦いをなかなか取り戻せずにもがき苦しんでいる。

岩政大樹監督がチームを離れ、新たに指揮を執るのはランコ・ポポヴィッチ監督。Jリーグでの指揮経験がある中で、史上2人目のヨーロッパ人指揮官との戦いとなる。

チームとしては外国籍選手を一新。その他の積み上げはないと言える中、プレシーズンはケガ人も続出したが、開幕の段階では柴崎岳以外は復帰できる様子。大きな問題は抱えずに済んでいる。

アグレッシブにゴールを目指すというスタイルに大きな変更はないが、昨シーズンはゴールという結果に繋がりにくく、攻撃にアクセルを踏み込むタイミングもなかなか掴めずにいた。新指揮官の下で、その辺りがどこまで改善されたのかは注目ポイントと言える。

主体的に試合を進めていくことが求められる今シーズンの鹿島。久々のタイトルへ、まずは良いスタートを切りたい。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:早川友基
DF:濃野公人、植田直通、関川郁万、安西幸輝
MF:知念慶、佐野海舟
MF:樋口雄太、土居聖真、仲間隼斗
FW:チャヴリッチ
監督:ランコ・ポポヴィッチ

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル