top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

予選からガウフ撃破し4強へ

テニス365


ベスト4進出を果たした(左)カリンスカヤ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、 ハード、WTA1000)は22日、シングルス準々決勝が行われ、予選から出場している世界ランク40位のA・カリンスカヤが第3シードのC・ガウフ(アメリカ)を2-6,6-4,6-2の逆転で破りベスト4進出を果たした。

>>ズベレフらミフェル・テニスOP組合せ<<

25歳のカリンスカヤは今大会、予選2試合にストレート勝ちをおさめ本戦入りすると1回戦で世界ランク128位のS・ハンター(オーストラリア)、2回戦で同67位のC・ブクサ(スペイン)、3回戦で第9シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)をそれぞれストレートで下し8強入りした。

この試合では第1セットこそ3度のブレークを許して落としたものの、第2セットではガウフのセカンドサービス7本のうちすべてを取得。3度のブレークを奪いセットカウント1-1に追いつくと、ファイナルセットでは2度のブレークに成功し2時間17分の熱戦をものにした。

女子テニス協会のWTA公式サイトにはカリンスカヤのコメントが掲載されている。

「難しい試合だった。スタートは少し自信がなかったの。サーフェスに慣れるのが遅かった。センターコートでプレーするチャンスがなかったから。バウンドのスピードが少し違うと感じて、タイミングがつかめなかった」

「第2セットでは少し落ち着いて、最後まで1点1点を大事にプレーした。最後のポイントまで緊張を感じていたの。彼女(ガウフ)は何球でもボールを返してくるから、本当に我慢して、どのボールで行くかを決めて、ポイントを終わらせないといけなかった」

準決勝でカリンスカヤは第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)と対戦する。シフィオンテクは準々決勝で第6シードのジェン・チンウェン(中国)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には世界ランク22位のS・シルステア(ルーマニア)と同26位のJ・パオリーニ(イタリア)が4強へ駒を進めた。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル