top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『キングダム 大将軍の帰還』謎の女性も!最強の猛者集結の新ビジュアル&特報公開

シネマトゥデイ

ティザービジュアル – (C)原泰久/集英社(C)2024映画「キングダム」製作委員会

 原泰久の漫画を山崎賢人(※崎は「たつさき」が正式)主演で実写映画化する『キングダム』シリーズの第4作『キングダム 大将軍の帰還』(7月12日公開)から、各国最強の猛者達が勢揃いしたティザービジュアル、謎の女性の後ろ姿も収めた特報映像が公開された。

 2006年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、単行本71巻までの累計発行部数が集英社青年マンガ史上初となる1億部(2023年11月時点)を突破する人気漫画に基づく本シリーズ。第4弾となる本作は、前作『キングダム 運命の炎』から続く隣国・趙(ちょう)との国の存亡をかけた総力戦「馬陽の戦い」のクライマックスが描かれる。

 ティザービジュアルには、山崎演じる天下の大将軍を目指す主人公・信をはじめ中華統一に挑む若き秦国王・エイ政(吉沢亮※エイ政のエイは、上に亡、中に口、下左から月、女、迅のつくりが正式)、秦国・総大将として戦地に舞い戻った大将軍・王騎(大沢たかお)、そして前作のラストに登場したホウ煖(吉川晃司※ホウはまだれに龍が正式表記)・李牧(小栗旬)らが集結。ホウ煖は、過去に王騎と馬陽の地で因縁の戦いを繰り広げた自らを武神(ぶしん)と呼ぶ趙国の真の総大将。李牧は、決して戦の場に姿を現さないが他の追随を許さない存在感で戦局を見守る謎多き軍師。

 信は敵軍・趙の圧倒的な武力に険しい表情を浮かべるも果敢に立ち向かう強さを見せ、エイ政は王宮から戦局を憂慮しつつも秦国軍の勝利を願い信の傍らに寄り添う。王騎は、過去の因縁を胸に敵陣めがけて突き進む。李牧は真意のつかめぬ飄々とした表情で佇み、趙国最強の武将と謳われる三大天の一人であるホウ煖が戦火の中矛を振るう。そんな各国最強の猛者達が勢揃いした合戦中のワンシーンを切り取っている。

 特報映像は、顔面傷だらけの王騎の「辛いですか、童信」という言葉と共に、打ちのめされ地面を這う信の姿から始まる。圧倒的武力を持つホウ煖に力を合わせて立ち向かう飛信隊、そしてエイ政・河了貂(橋本環奈)・尾到(三浦貴大)のそれぞれの覚悟が伺えつつも、どこか不穏な空気が醸し出される中、謎の女性の後ろ姿が。これまで一貫して戦況を見守る姿から一変、未だかつてないほど感情をむき出しにし、戦地で初めて矛を振りかざす姿を見せる王騎。歯を食いしばり、悲痛な表情で叫ぶ信の姿も見られる。

広告の後にも続きます

 あわせて、7月12日公開初日からIMAX(R)、MX4D、4DX、Dolby Cinema(R)での上映が行われることも決定した。(編集部・石井百合子)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル