top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

金ロー『ゴーストバスターズ/アフターライフ』地上波初放送 日テレとのコラボロゴも公開

シネマトゥデイ

孫世代が活躍する『ゴーストバスターズ/アフターライフ』地上波初放送 – (C) 2021 Columbia Pictures Industries, Inc. and BRON Creative USA, Corp. All Rights Reserved. "GHOSTBUSTERS" and "GHOST DESIGN" are trademarks of Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

 2022年2月に劇場公開された、映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』が、新旧バスターズが集結する最新作『ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』の3月29日公開を記念して、日本テレビ系「金曜ロードショー」で同日夜9時に地上波初放送されることが決定した。

 1984年に公開された『ゴーストバスターズ』は、ニューヨークで幽霊退治ビジネスをスタートさせた、3人の科学者の活躍を描くSFエンターテインメント。軽快なテーマ曲に乗せて、奇想天外なゴーストたちとバスターズの戦いをコミカルに描き、全世界で大ヒット。個性的なゴーストたちとバスターズの面々、心躍るゴースト退治ガジェットは映画ファンの心をつかみ、ゴースト進入禁止のロゴマークと合わせて、現代でも色あせない名作として支持されている。

 『アフターライフ』は、続編『ゴーストバスターズ 2』(1989)から30年以上を経て製作された、バスターズの孫世代の活躍を描くシリーズ第3弾。主人公は、ゴーストバスターズの一員だった、イゴン・スペングラー博士(ハロルド・ライミス)の孫、フィービー(マッケナ・グレイス)。母親のキャリー(キャリー・クーン)、兄のトレヴァー(フィン・ウォルフハード)と共に都会から祖父が遺した田舎の農場へ引っ越してきた彼女は、床下に隠された部屋から、かつて祖父たちが使っていたゴースト捕獲装置を発見する。監督・脚本は『ゴーストバスターズ』『ゴーストバスターズ 2』を手掛けたアイヴァン・ライトマン監督の息子で、自身も映画監督として活躍するジェイソン・ライトマンが担当する。

日テレのロゴも凍りつく

 また、最新作となる『ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』は、真夏のニューヨークを舞台に、瞬く間に全てを凍らせるゴーストと新旧バスターズの戦いを描くシリーズ第4弾。『アフターライフ』の放送を記念して、ゴーストバスターズ仕様となって凍りついた、日テレのコラボレーションロゴも公開されている。(編集部・入倉功一)

映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』は3月29日(金)よる9時~11時9分放送※15分拡大(野球中継のため最大30分放送開始時間が繰り下がる可能性があり)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル