top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

50歳の同学年声優13名の“同窓会”開幕!「うちはまだブラウン管」阪口大助の衝撃発言にスタジオ騒然

ABEMA TIMES

 ABEMAにて、2月18日(日)に特別番組『声優50サミット 3時間でもだいじょうブイ!今だからこそ語らせてちょんまげ』(以下、『声優50サミット』)が独占生放送された。

【動画】総勢13名が集結した『声優50サミット』

 本番組には、伊藤健太郎、かかずゆみ、金田朋子、小西克幸、斎賀みつき、阪口大助、椎名へきる、宍戸留美、武虎、鳥海浩輔、野島裕史、森久保祥太郎、柚木涼香ら13名の同学年声優が集結し、50歳という節目を迎えた声優たちがさまざまな議題で討論を繰り広げたほか、2チーム対抗の3本勝負を実施。また、放送後には「ABEMA PPV ONLINE LIVE」で“二次会”も配信され、トータル3時間の“同窓会”に「#声優50サミット」がX(旧Twitter)トレンド入りを果たすなど、大きな盛り上がりを見せた。

■50歳声優たちがYESorNOトーク!健康トークで椎名へきる「身体的悩みは受け入れるしかない」

 昨年放送された特別番組『声優28時間テレビ大感謝祭 ~Challenge Again~』での、50歳声優たちの飲み会企画「朝まで生ウォーカーズ!~50歳同期声優で飲んでみた。~」にて発せられた“また同い年で何かやりたい”という思いも受け実現した本番組。

 番組がスタートするものの、オープニングから自由に雑談を繰り広げる面々に、進行役の森久保は「2時間もつか!?」ともうヘトヘトに。その後は年長者・野島による「みんな、よく生きてた!」という乾杯の音頭で、本格的に“同窓会”がスタートした。

広告の後にも続きます

 まずは、「YES/NO選んでレッツラゴー!50トーク」と題したコーナーを実施。出演者が持ち込んだ、50歳イヤーの今だからこそ語れる議題について、YESかNOで答え全員でディスカッションを繰り広げるこのコーナー。まずは伊藤から「理想の50になれている?」と議題があがり、理想の50歳と現在のギャップについて語り合っていく。

 また宍戸からの「世の中のデジタル化についていけていない?」では、YESをあげた阪口から衝撃発言も。周りが台本のタブレット化をしているかなどデジタル化について語っているなか、「うちはまだ14型のブラウン管」と語った阪口に、一同「えぇぇぇ!?」と騒然。ただただ「壊れないから」という理由でいまだにブラウン管を使い続けているという阪口に、さらなる驚きの声が上がる。

 また、地上波放送を見る際は横が切れてしまうと不便な点を語った阪口に、鳥海から「Vチェックのタイムとかは?」と心配の声が。すると阪口は「そう!タイムとか切れるのよ…でも拍さえわかれば!」と言い放ち、スタジオに「さすがぁ」「かっこいい!」と拍手が巻き起こった。

 さらに、斎賀からの「50代になって改めてできた悩みがある?」では、ほとんどがYESをあげる結果に。各々の健康面の悩みを打ち明け、50歳声優ならではの健康トークを繰り広げていく。そんななか、NOをあげた椎名は「身体的悩みは受け入れるしかないって思ってる」とコメント。その言葉に感銘を受けた野島は「“受け入れる”って言葉がすごく刺さりました」と話し、YESからNOへと意見を変えていた。

■チーム対抗!神経衰弱で50歳声優たちの秘蔵写真が続出!?

 また番組内では、「バッチグーな戦いを見せろ!チーム対抗50バトル」も実施。“フィフ”チームと“ティー”チームにわかれ、3本勝負を繰り広げた。

 まずは、チーム対抗神経衰弱へ。するとただのトランプかと思いきや、カードを裏返すと鳥海が雑誌の企画で髭を伸ばしていたという約15年前の写真が登場。どうやら、メンバーの若かりし頃の写真で神経衰弱を繰り広げるそうで、その後も13歳の柚木や、成人式でのかかず、高校生時代の森久保、阪口の幼少期など秘蔵写真が続出し、スタジオに「かわいい~!」「何も変わんない!」と興奮の声が飛び交う。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル