top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

役満・四暗刻 VS ドラ単騎・七対子 テンパイ直後のドラマチックな結末に「いやー魅せるー!」/麻雀・Mリーグ

ABEMA TIMES

 高打点のぶつかり合い、その結末は鮮やかだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」2月22日の第1試合。KADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)が役満・四暗刻をテンパイ。先にリーチをかけているセガサミーフェニックス・東城りお(連盟)のドラ待ち七対子に競りかけ、この展開にファンは大興奮となった。

【映像】役満・四暗刻VSドラ単騎・七対子のドラマチックな結末

 南3局2本場、2巡目に2着目東城の手は七対子のイーシャンテンだ。4巡目にテンパイするとドラの3索待ちで先制リーチ。これをアガればトップ目でオーラスを迎えることができる。これに対して堀はラス目。徐々に手牌がまとまり、気付けば四暗刻のイーシャンテンとなった。TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)から打たれた白もポンせず、あくまで狙いは役満一本。そして待望の白が15巡目に訪れ、堀は追っかけリーチを宣言した。

 役満・四暗刻VSドラ単騎・七対子の構図にファンも熱狂。「堀!」「いけ!」「それは事件すぎる」「どうなんの!」と次々に歓声が上がる。結果はこの直後、東城がドラを引いてツモ。リーチ・ツモ・七対子・ドラ2の1万2000点を手に入れた。この結末にファンからは「えらいぞ!りお!」「メッチャ面白い」「これがM これが麻雀 面白すぎる」「いやー魅せるー!」とまた多くの反響が寄せられていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

広告の後にも続きます

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル