top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

井浦新&三浦翔平、3度目の共演で上がったハードル 「また新しい自分たちを見せなきゃ」

Real Sound

(左から)三浦翔平、井浦新(撮影:池村隆司)

 日本のみならず世界中で社会現象を巻き起こし大ヒットとなった『おっさんずラブ』シリーズの5年ぶりの続編『おっさんずラブ-リターンズ-』(テレビ朝日系)。春田(田中圭)と牧(林遣都)を中心とした大人たちのピュアな恋愛模様を描いてきた本シリーズに、和泉幸(井浦新)と六道菊之助(三浦翔平)という新たな登場人物が追加された。

 参考:【写真】井浦新&三浦翔平 撮り下ろしカット(複数あり)

 春田と牧の“お隣さん”として登場した2人だが、実は和泉は元公安警察、菊之助は現役の公安警察であることが明らかに。複雑な過去を抱える2人の存在はこの物語のスパイスとなっている。

 今回は井浦と三浦にオファーを受けた際の率直な思いや、共演を重ねる中で変化したお互いの印象、さらには、2人が信頼を寄せている貴島彩理プロデューサーの仕事ぶりについて語ってもらった。

井浦新「2人でいろんなことにチャレンジできるのは嬉しい」

広告の後にも続きます

――この作品への参加が決定した時の気持ちを改めてお聞かせください。

井浦新(以下、井浦):これまで一丸となって作り上げてられてきた座組ですし、すでに築き上げてこられた世界へ飛び込む……ということになるので、簡単に「嬉しい!」と喜ぶというよりは、何かしらの爪痕を残さなければ僕たちが加わる意味がないな、と試されるような気持ちになりました。ただ、貴島プロデューサーとは何度か一緒にお仕事させていただいていて、僕が毎回与えられる役は、一見全然異なるキャラクターだけれど、共通して「大切な人を失った時、人はその悲しみをどう乗り越えていくのか」というテーマを背負っているんです。今回、演じる和泉もです。だから、また違ったアプローチで同じテーマと向き合うことができて、いまは“参戦してよかったな”と心から思います。

三浦翔平(以下、三浦):僕は「この人からのオファーは断らない」と決めている方が何人かいらっしゃるんですが、その一人が貴島プロデューサーなんです。同時に、僕は純粋に『おっさんずラブ』という作品が好きなので、いち視聴者として続編が始まることが嬉しかったです。

――『おっさんずラブ』のどういうところがお好きなのでしょうか?

三浦:真剣におじさんたちがピュアな恋愛をしてる姿というのは愛おしくもあり、切なくもあり、観ていて心が温かくなりますよね。今回、現場に入って、監督しかり演者さんしかり、全員が一丸となって取り組んでいる姿を目の当たりにして、こんなにも愛に溢れた作品になっている理由がよく分かりました。

井浦:その中で僕たち2人のことも温かく迎えてくださってありがたかったですし、現場を経験して、より皆さんのこの作品に対する思いや愛の強さを実感しました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル