top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

空き家だった「300坪の実家」が地域貢献を果たす名物施設に…“ボロボロの旧家”を蘇らせた〈意外な方法〉とは?【空き家収益化のプロが解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

とりあえず実家を相続したものの、活用できずに持て余してしまう人は少なくありません。本稿では、三木章裕氏の著書『実家の「空き家」超有効活用術』(フォレスト出版)より一部を抜粋し、300坪の実家を介護施設へと生まれ変わらせ、収益化のみならず地域貢献まで実現した夫婦の事例を紹介します。

田舎のボロボロの実家で高齢者通所介護施設を開業

突然のリストラ――。

中田(仮名)さんは、関東の中堅の印刷会社の管理職でした。しかし、業績が低迷していたこの会社は、突然大規模リストラを断行したのです。

中田さんは思いました。

「50歳になった途端になぜ? 今さら再就職先を探しても、まともな転職先は見つかると思えない……」

広告の後にも続きます

中田さんは3カ月間、悩みに悩みました、奥さんも自宅近くで仕事をしており、子供さんも東京で働いていました。

「どうする? どうする? どうする?」

そんな折に、中田さんの出身地の奈良で法事がありました。悶々とした気持ちを抱えながら地元に戻った中田さんは、法事もそこそこに、久しぶりに会う同級生、谷口(仮名)さんと愚痴と相談も兼ねて会うことになりました。

久しぶりに会った同級生は、地元で小さな工務店をしていました。谷口さんは、地元もどんどん年寄りばかりになって、町も全然活気がないとぼやき、中田さんは中田さんで、突然のリストラに当惑して、これからの将来の悩みをぶちまけていました。

お互いに「こんな世の中がおかしいんだ!」の大合唱になりましたが、そう言っている自分たちがなんとなくみじめで、話は違う方向に向かっていました。

「中田、あの実家の家、貸さないか?」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル