top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

原田泰造“誠”、仲直りした城桧吏“翔”&中島颯太“大地”と秋祭りへ<おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!>

WEBザテレビジョン

原田泰造が主演を務めるドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)の第8話が、2月24日(土)に放送される。

■偏見だらけの“おっさん”が古い常識のアップデートに奮闘

同作は、練馬ジムの同名漫画が原作のホームコメディー。「男は男らしくあるべき!」という古い価値観を持つ沖田誠(原田)は、家族からは「堅物」と嫌われ、デリカシーのない言動で会社の部下からも敬遠されている。

そんな偏見だらけの“おっさん”である誠に、二回り以上年下のゲイの友達ができたことで、これまでの古い常識がアップデートされていく。愛する家族のため、そして、周囲の愛すべき仲間たちのため、誠の奮闘劇が始まる。

物語を導くゲイの青年・五十嵐大地役をFANTASTICS・中島颯太が演じる他、誠の息子でアップデートのきっかけとなる一言を誠にぶつける息子・沖田翔役を城桧吏が、デリカシーのない誠に反発する大学生の娘・沖田萌役を大原梓が務める。

また、昭和世代からは、大地の母親・五十嵐美穂子役に松下由樹、堅苦しい夫を半ば諦めていた妻・沖田美香役に富田靖子と演技派二人がそろい、大人の女性目線からも昭和のダメオヤジを叱咤(しった)激励する。

■「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」第8話あらすじ

第8話は――

翔(城桧吏)が抱えてきた悩みを知った誠(原田泰造)。不用意な言葉で翔を怒らせてしまうが、翔はずっと抱えてきたいら立ちを父にぶつけてしまったことを反省していた。

そんな翔を大地(中島颯太)は秋祭りに誘い、仲直りをした誠も一緒にお祭りへ。そこで大地と翔が楽しそうにしているのを、円(東啓介)が目撃する。

一方、誠の会社ではトラブルが発生していた。リース用のコピー機に不具合が発生したというのだが、それは言いがかりで、いわゆるカスタマーハラスメントに巻き込まれたのだ。

納得いかないが対応しようとする部下たちを尻目に、古池(渡辺哲)は勝手に20年前の飲み友達だというコピー機製造会社の専務・鍋岡(佐野史郎)に会いに行こうとする。無謀な行動を止めようとする誠に、古池は「俺に残されているのは古いやり方ぐらいだ。それが通用するのか、試したいんだ」と言う。

誠もまた、翔とちゃんと向き合おうとしていた。誠は、縁側で翔に「父さん、いろいろうまくやれなくてごめんな…」と静かに語りかける。

――という物語が描かれる。

■円の嫉妬でまさかの“四角関係”が生まれる

公式ホームページなどで見ることのできる予告動画には、浴衣姿で秋祭りに行く誠と翔、大地、円が。射的ゲームなどを楽しむ一同だが、大地と翔の関係を怪しんで嫉妬する円により、まさかの“四角関係”が生まれる。

また、「繊細だからこそ傷つく心――」というテロップと共に、それぞれの思いを吐露する円と翔の姿も。円は「親に秘密を打ち明けるのが一番怖いんだよ」と語り、翔は「きっと他の人なら、もっと上手に対処できたと思う」と涙を流している。

動画の最後には、並んで打ち上げ花火を見る大地と円が映し出される。円が大地の手を握ると大地は一瞬驚くが、円の顔を見て笑顔に。円も優しい微笑みを向けていて、二人の幸せそうな時間が描かれている。


 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル