top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「すごく頭の切れる選手だ」世界1位・樊振東は対峙した“16歳の新星”松島輝空をどう評価した?「最初は彼のキーポイントが掴めなかった。でも…」【世界卓球】

THE DIGEST

「すごく頭の切れる選手だ」世界1位・樊振東は対峙した“16歳の新星”松島輝空をどう評価した?「最初は彼のキーポイントが掴めなかった。でも…」【世界卓球】(C)THE DIGEST
 現地2月22日、韓国・釜山で開催されている世界卓球選手権・団体戦は男子の準々決勝が行なわれ、日本代表は王者・中国と対戦した。ラウンド16のオーストリア戦を3-0で制した張本智和、篠塚大登、松島輝空のトリオで臨んでいずれも善戦したが、終わってみれば0-3の黒星。ベスト8での敗退を余儀なくされた。

 それでも日本は数多の見せ場を作った。なかでも会場を熱狂させたのが、1番手で登場したチーム最年少16歳の松島だ。相手は世界ンランキング1位の樊振東。今大会で初の日本代表入りを果たした新鋭にとって、中国トップ5と公式戦で戦うのは初めて体験だった。

 だが、16歳とは思えないメンタルタフネスが身上の天才は序盤から躍動。一時は3点差をつけられたなかで第1ゲームを逆転の13対11でモノにし、ビッグサプライズを提供した。第2ゲームと第3ゲームもほぼ互角の展開を演じてデュースにまで持ち込んだが、百戦錬磨の樊振東に突き放され、どちらも10対12で落とす。最終的に第4ゲームも6対11で力尽きて1-3で敗れ去ったが、痛快なパフォーマンスでファンを終始興奮させた。

 試合後、中国メディアの取材に応じた樊振東は「松島選手と戦うのは今回が初めてだったので、最初は彼のキーポイントを掴めなくて、速いテンポのゲームに持ち込まれてしまいました」と振り返り、「第1ゲームを失って衝撃を受けたのは確かですが、前がかりに行くよりも後方に構えてじっくり見るようにしながら、徐々にリズムを取り戻しました」とコメント。そして「すごく頭の切れる選手だと思いましたね」と松島を評した。
  一方の松島も強敵を相手に手応えを掴んだようだ。「最初は少し緊張したんですけど、本当に楽しみがすごかったです。最後競った場面の1本が遠いなって風には今回感じました。でも、逆に全然戦える実力にはきてるなって感じました」と話し、「少し焦って、ミスが多かったりだとか、あとはサーブやレシーブで少し点を取られていました。そこをもっと修正できれば勝てるんじゃないかなと思います」と前を見据えた。

 松島が中国サイドに与えたインパクトは計り知れない。国際舞台での“再戦”が楽しみだ。

構成●THE DIGEST編集部

【貴重動画】試合直前、樊振東が“謎の新星”である松島輝空のプレー映像をチェック!? 頭を抱える場面も…

【動画】16歳・松島輝空が世界1位を追い詰める! 樊振東戦のフルタイム映像をチェック!
 
【記事】「怪物じゃないか!」16歳・松島輝空が世界ランク1位を相手にみせた“怒涛の大善戦”に中国メディア衝撃!「新たな天才」「武士道戦法だ」【世界卓球】

 
【画像】パリ五輪の団体戦切符を確定!! 早田ひな、伊藤美誠、平野美宇、張本美和…女子卓球界が誇る“異次元の天才”たちを一挙にチェック!
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル