top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

【は?】映画『マダム・ウェブ』がマジで良かった! …が、海外では厳しい評価 → 私も含めて批評家の言うことは信用しなくていい

ロケットニュース24

いまスーパーヒーロー映画界隈は、2023年2月23日に公開される映画『マダム・ウェブ』の話題で持ち切りである。残念ながら “悪い意味で” だ。

SNSをほじくれば数多の酷評が出てくるが、ちょっと待って欲しい。評価が出る前に同作を鑑賞した私は「マダム・ウェブ、おもしろかった!」と素直に思えた。

なぜ私とアメリカの批評家たちの感想がここまで違うのか? 日本ウケうんぬんは関係なく「マジで批評家たちの言うことはアテにならんな」と感じた次第である。

・ソニー系のマーベル作品

2月23日(金)に劇場公開される映画『マダム・ウェブ』。本作はマーベル作品でありながらディズニーとは一線を画す「ソニー・ピクチャーズ」系列の作品だ。

ウェブ(糸)が示唆する通り、スパイダーマンのエッセンスが随所に盛り込まれたストーリーであるが、失礼を承知で言うとこれが予想外に最高の出来であった。

広告の後にも続きます

当初、私がさほど期待していなかった理由は「マダム・ウェブのキャラ自体が地味すぎる」というもの。原作のマダム・ウェブは戦闘能力が極めて低く、何なら老人であったからだ。

要するに「たまに出てきてスパイダーマンをサポートするチョイ役」としか思っていなかったのだが、それでも映画『マダム・ウェブ』は最高! 正直、普通に泣いたことをお伝えしておく。

・ダコタ・ジョンソンが最高

さて、映画はダコタ・ジョンソン演じるキャシーが「マダム・ウェブ」になるまでのオリジンストーリーが描かれている。また映画の宣伝文句は「マーベル初の本格ミステリー・サスペンス」だ。

実際にはさほどミステリーでもサスペンスでもなかった点はイイとして『マダム・ウェブ』はダコタ・ジョンソンがめっちゃイイ! 天涯孤独な女性が力強く生きる様子を見事に演じ切っていた。

他にどんな作品に出ていたかは全く知らないのだが、それでも映画を観終えて「ダコタ・ジョンソン良かったわ~」という余韻は止まらない。ダコタ・ジョンソン、マジで素敵っス。

加えて将来スパイダーウーマンになる3人のティーンも、それぞれキャラが立っていたのではないだろうか? 大人の女性であるキャシーと、3人のティーンのギャップも上手に描かれていた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル