top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

JA共済が農業に関する意識や実態を調査 Z世代の4人に1人が「農業をやってみたい」と回答

おたくま経済新聞

 JA共済は全国の10代~50代を対象に、農業に関する調査を実施。するとZ世代の約45%が地方暮らしを希望、4人に1人が「農業をやってみたい」と回答したそうです。

 さらに農業のイメージは、かつての3K「キツい・汚い・危険」から「やりがいがある・やくにたつ・ゆめがある」の3Yに変化。農業ジャーナリストの小谷あゆみさんも「ハードルは低くなっている」と語ります。

【元の記事はこちら】

 今回のアンケートは「春の農作業安全確認運動」にあわせておこなわれたもの。現在は地方移住や田舎暮らしが注目されており、10代~50代の男女1万人に地方暮らしに対する意向を聞くと、3人に1人以上(37.4%)が「地方に移住したい・地方に住み続けたい」と答えています。

 さらに年代別で見ると10代が48.9%と最も高く、15歳~27歳のZ世代も45.1%と高くなっていることが明らかに。地方暮らしや農業という仕事への憧れがうかがえます。

広告の後にも続きます

 理由としては農業未経験者の農業へのイメージが変化していることがあげられます。1万人の中から農業経験はないが農業に興味があると答えた600人に、今の日本の農業に対するイメージを質問。

 すると、89.2%が「農業は地域活性化に役立っている」、83.0%が「日本の農業は日々進歩していると思う」、66.7%が「農業に興味を持っている人が増えていると思う」など、農業に対してポジティブなイメージを持つ人が多くなっていることが分かりました。

 続いて農業に5年以上従事している100人に、農業に携わってきた上での実感を聞いてみたところ、「やりがいがある」(38.0%)、「地域に貢献」(34.0%)、「社会の役に立つ」(31.0%)、「かっこいい」(28.0%)、「夢がある」「喜びがある」(同率27.0%)などポジティブなワードが上位に。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル