top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『クワイエット・プレイス:DAY 1』日本版ティザーポスター キーマン&猫の場面写真も

Real Sound

『クワイエット・プレイス:DAY 1』©2024 PARAMOUNT PICTURES

 6月28日に日米同時公開される『クワイエット・プレイス』シリーズ最新作『クワイエット・プレイス:DAY 1』の日本版ティザービジュアルと場面写真が公開された。

参考:『クワイエット・プレイス:DAY 1』6月28日日米同時公開決定 予告編&海外版ポスターも

 突如出現した、“音”に反応しその全てに襲い掛かる“何か”。そんな謎の生命体に支配され崩壊した世界を舞台に、“沈黙”を守り生存を試みる一つの家族の姿を描いたサバイバルホラーシリーズ『クワイエット・プレイス』。

 世界が沈黙した日「DAY 1」を描く本作の舞台は、これまでの田舎町から一転、「音を出さないことが不可能」な大都市・ニューヨークへと移り変わり、阿鼻叫喚の群衆、そして彼らの日常が破壊されていく様子が描かれる。これまで語られてこなかった“何か”の襲来を映し出すことで、作品はディザスター映画の要素を帯び、圧倒的なスケールアップを果たす。

 主人公の女性役には、『それでも夜は明ける』で第86回アカデミー賞助演女優賞を受賞、そのほか『アス』や『ブラックパンサー』シリーズで知られるルピタ・ニョンゴ。彼女と共に“何か”の脅威から逃れることとなるキャラクターには、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4に出演し、知名度を一気に上げたジョセフ・クインが扮する。そのほか、シリーズ2作目『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』にも登場した本シリーズのキーマン、ジャイモン・フンスーらが脇を固める。

広告の後にも続きます

 監督を務めるのは、ニコラス・ケイジ主演のスリラー映画『PIG/ピッグ』で注目を浴びたマイケル・サルノスキ。前2作の監督を務め、1作目では実生活でもパートナーであるエミリー・ブラント演じる主人公の夫役として出演したジョン・クラシンスキーは、プロデューサーとして製作陣に名を連ねている。

 公開された日本版ティザービジュアルでは、「世界は“その日”沈黙した」というコピーが大きく配置されており、大都市・ニューヨークを舞台に阿鼻叫喚の群衆のなか1人立ちすくみ、息を殺そうと口を押さえる主人公(ルピタ・ニョンゴ)の姿が描かれている。

 2月22日(猫の日)にあわせて公開された場面写真では、“キーマン”&“キーにゃん”の姿が捉えられている。主人公の女性と生存者の男性(ジョセフ・クイン)が暗闇を懐中電灯で照らす中、彼女のトートバッグから猫が顔を覗かせている様子が。また、もう一方のカットでは、シリーズ2作目『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』にも登場した本シリーズの“キーマン”の男性(ジャイモン・フンスー)が主人公の口を覆い、声を抑えるよう指示する姿が切り取られている。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル