top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

TVアニメ『魔女と野獣』は『鋼の錬金術師』ファン必見 ダークで“美しすぎる作画”を解説

Real Sound

『魔女と野獣』©佐竹幸典・講談社/「魔女と野獣」製作委員会

 ディズニー・アニメーションの名作『美女と野獣』は美女を中心に物語が展開されるが、圧倒的な存在感を放つ“美しい野獣”が物語を牽引する作品が存在する。現在放送中のTVアニメ『魔女と野獣』だ。本作は、映画監督のギレルモ・デル・トロやティム・バートンらが描くダークファンタジーの要素を彷彿とさせる重厚な世界観を持ち合わせており、精緻な作り込みは、ハイクオリティな作品が並ぶ最近のアニメーション作品の中でも際立っている。

参考:『魔女と野獣』キービジュアル第3弾公開 佐竹幸典描き下ろしのBlu-ray BOX特典イラストも

 原作は佐竹幸典の同名漫画で、繊細な線画のエッセンスを活かして描かれる洗練されたアクションシーンが大きな魅力だ。優雅で美しいだけでない、まさに“破壊力抜群”の力強いアクションは、視聴者を深く『魔女と野獣』の世界へ引き込む。

 原作ファンからも熱烈な支持を得ている本作。これまでに放送された6話までの中から、その壮麗なアクションシーンを紹介したい。

■第1話から圧倒される“美しすぎる戦闘”

広告の後にも続きます

 『魔女と野獣』は、魔女の呪いを受けた少女・ギドがその呪いを解くため、特定の魔女を探して旅をする物語だ。野獣のような鋭い眼差しを持つギドと魔術師アシャフの旅路では、様々な魔女が彼女たちの前に現れる。しかし、2人が真に求める“獲物”が目の前に立ちはだかる魔女なのかは定かではない。

 物語の幕開けを告げる第1話「魔女と紅蓮の街」は、本作における“美しすぎる戦闘”を深く印象付ける。主人公ギドと彼の仲間アシャフがたどり着いたのは、「魔女・イオーネ」が支配する街だ。ここでのギドとイオーネの戦いは、「人間とは異なる存在」同士の対決の序章を飾る。

 そこで描かれたのは、花びらが舞う中で展開される激しい戦闘を通じて、ギドがどのようにして「美しくも恐ろしい」魔女の強大な敵であるかだ。ギドの“変化”によって、私たちは彼女の強さに納得させられる。

 一方で、イオーネの儚い「散り際」の作画も素晴らしい。彼女の最後の表情はスローで描かれ、生への名残惜しさを漂わせるように戦いの幕引きを美しく演出している。

■第3話の名シーンを際立たせた「フレーム」の演出

 第2話から第3話では「魔女の戯れ」と題したエピソードが展開され、魔本を巡る敵との戦闘が中心となる。日常の静けさに飽きていたギドは、教団から届いた一通の黒い封筒を手に、急遽ハイデンへと赴くことに。彼らが向かった先では、魔女が起こしたと思われる一連の連続殺人事件が発生しており、これらの事件には魔本が深く関与していることが判明する。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル