top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

矢田亜希子、約30年のキャリアでの“変化”を語る デビュー作と『ラヴィット!』が転機に

Real Sound

矢田亜希子(撮影:はぎひさこ)

 1995年に『愛していると言ってくれ』(TBS系)で鮮烈なデビューを果たして以降、ドラマを中心に数々の作品に出演してきた矢田亜希子。現在放送中のドラマ『ナースが婚活』(テレ東系)では、2011年放送の『シマシマ』(TBS系)以来、12年半ぶりに主演を務めている。近年は水曜レギュラーを務めている『ラヴィット!』(TBS系)で等身大の姿を披露するなど、新たな一面を見せている矢田に、久々の主演ドラマや約30年におよぶキャリアについて語ってもらった。

参考:矢田亜希子、健在! 『愛くれ』『やまとなでしこ』から『ギルティ』魔性の母親役への変遷

ーー『ナースが婚活』で矢田さんが演じているナース専門の結婚相談所「ナースのとも」代表の横山陽子は、元ナースで自身も長年の婚活を経験した過去を持ち、婚活迷子たちを次々に結婚に導くカリスマという、なかなか強烈なキャラクターです。

矢田亜希子(以下、矢田):そうなんですよ(笑)。とにかくキャラが濃いですし、言っていることも結構強いので、いかに説教じみた感じにならず、視聴者の方を惹きつけられるキャラクターにできるかを意識しながら演じていました。

ーー今まであまり演じたことのないようなキャラクターですよね。

広告の後にも続きます

矢田:確かにそうですね。身振り手振りも激しくて、相当変な動きもしていると思うので。笑わせようとしているわけではなく、至って真面目にやってはいるんですけど……(笑)。セリフが多いので、まずはセリフを頭に入れる作業が大変でしたが、私自身も楽しく明るくやらせていただきました。

ーードラマで描かれている「婚活」というテーマに関してはどういう印象を持たれましたか?

矢田:最近よく耳にする言葉でしたが、この作品をきっかけに結構イメージも変わりましたね。結婚したい方は絶対に婚活した方がいいと思いました。

ーーそれはどういう理由で?

矢田:やっぱり恋愛と結婚は全然違うものだと思うので。この作品をきっかけに、女性は婚活についての意識が高くなると思いますし、男性にとってもいろいろと気づきがあるのではないかなと思います。

ーー矢田さんにとって12年半ぶりの主演ドラマということで、最初に情報が出たときは大きな話題になりました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル