top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

小関裕太がいま深めていきたいものとは? もの作りへのチャレンジと充実の5年間を語る

Real Sound

小関裕太

 2月17日に東京・品川インターシティーホールで開催された小関裕太の単独ファンイベント『colorful』。5年ぶりとなるイベントは昼夜の2回行われ、計1300人が来場した。ここではイベント後、記者向けに開催された小関への囲み取材の模様を紹介する。

参考:小関裕太の“スマートさ”は佐藤健&神木隆之介譲り? ファンイベントで先輩への憧れを語る

――5年ぶりの単独イベント。タイトルの『colorful』にはどんな思いが?

小関裕太(以下、小関):僕にとってコロナ禍期間は、色に例えると白黒のような、モノクロのような日々がずっと続いていました。当時は「少しずつでも色づけていこう」ともがきながら走る毎日でしたが、ときを経て、まだ完全とは言えないかもしれないけれど、より色づきが増している気がして。みなさんとお会いするこの1日、このイベントが色づいているものになったらいいなと思って、『colorful』という名前にしました。

――実際にイベントを終えた感想は?

広告の後にも続きます

小関:会場に奥行きがあってどうしても距離感が出てしまうので、最初に後ろから登場して、会場内をぐるぐると回らせていただきました(笑)。“ステージと客席”というよりは“直接お会いできる場所”にしたかったので、それが叶ってすごく楽しかったですし、嬉しかったです。

――イベントでは、ゲストの工藤秀平さんと楽曲「ぜんぶ、うそ」も披露されました。

小関:この歌はコロナ禍のすごく悶々としてる中で、工藤秀平さんの家に泊まり込んで作った、本当に手作りの作品です。編曲した方もみんなそれぞれが飲み友達で、ぬくもりを大事にしながら作った楽曲ですし、曲にも「また会う日には、お互い笑顔で会えたらいいね。全部嘘のような日々にしたいね」という思いが込められているので、直接お届けできてすごく嬉しかったです。

――ショートドラマ『メロスの誕生』をはじめ、小関さんはもの作りにもチャレンジされていますが、今後挑戦したいことはありますか?

小関:もともと好奇心があるほうで、絵を描くのも好きだし、キャンプも好きだし……いろいろあるんですけど、役者としてのベースはありつつ、今は写真を深めていきたいという思いが強いです。機材を増やすというより、技術をどんどん広げていきたいなと。レフ板で太陽光を利用して顔をより明るく写す技法だったり、スモーク液を自分で買って、「この液とこの液を合わせると、このスモークができる」みたいなことをやってみたり。そういう研究が面白いので、その成果を一つの作品だったり、かたちにできたらいいなと思っています。

――映像作品としては、どんな作品が撮りたいですか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル