top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

<スナックJUJU 東京ドーム店>に5万人が熱狂。スーパーゲスト小田和正、鈴木雅之、NOKKOにも大歓声

BARKS


2月17日(土)に東京ドームにて、<ソニー銀行 presents -ジュジュ苑スーパーライブ- スナックJUJU 東京ドーム店 ~ママがJUJU 20周年を盛大にお祝い!! 一夜限りの大人の歌謡祭~>が開催。オフィシャルから届いたライブレポートを掲載する。

今年デビュー20周年のJUJUが、2月17日(土)に東京ドームにて、<ソニー銀行 presents -ジュジュ苑スーパーライブ- スナックJUJU 東京ドーム店 ~ママがJUJU 20周年を盛大にお祝い!! 一夜限りの大人の歌謡祭~>を開店した。「スナックJUJU」は、会場を大きなスナックに見立て、JUJUが“ママ”として、昭和歌謡を中心に歌い上げるカヴァーシリーズ。2016年リリースのカヴァーアルバム「スナックJUJU ~夜のRequest~」は大ヒットを記録し、ライヴでは国立代々木競技場第一体育館、さいたまスーパーアリーナ、横浜アリーナ等でも“世界最大のスナック”として開店され、人気を博している。昨年は初の47都道府県で開店されると全53公演がSOLD OUTした。

東京ドーム店に足を踏み入れると、ズラッと並ぶ円卓テーブルが目に飛び込んでくる。ママの直筆お手紙と、限定オリジナルグッズ“おうちでスナックJUJUセット”(タンブラー・マドラー・ポップコーン)が特典としてついてくる特別席だ。ステージ上には、お馴染みの看板とカウンター、「Snack JuJu」の文字。全てが「これぞ東京ドーム」といったスケールだが、開演までの間、お客さんそれぞれがお酒と会話を楽しむ姿が、ここは紛れもなくスナックなのだと感じさせる。







開店時間を少し過ぎたころ、「二人でお酒を」にあわせて、ママがステージに登場。“流しのミュージシャン”達による確かな演奏とママの歌声。今やスナックJUJUの開店ソングともいえるこの曲で、世界最大・前代未聞の「スナックJUJU 東京ドーム店」は盛大に開店した。「私、当店のママでございます。本日はこの水道橋のお店に足お運びいただき、ありがとうございます。楽しい一夜限りの歌謡祭になるといいなと思っています。」というママの開店挨拶に、お客さんも盛大な拍手でこたえる。

「桃色吐息」、「異邦人」と、アルバム『スナックJUJU』からの人気曲2曲で会場が一気に異国情緒にそめられた後は、東京ドーム店のボーイ神尾晋一郎氏が、天の声としてママとお客さんにご挨拶。神尾氏は初のボーイにもかかわらず、どこかでママとご一緒したことがあるのだろうか、ママとの息もぴったりだ。神尾氏によると、スナックJUJUはこの水道橋店で、なんと66店舗目となるそうだ。







この日最初のスーパーゲストとしてご来店したのは、鈴木雅之氏。「め組のひと」~「違う、そうじゃない」と、息つく暇も与えない大ヒットメドレーで、会場は一気に大興奮。

歌声はもちろん、その圧倒的な存在感は、“ラヴソングの王様”とよばれる所以だろう。6人のダンサーと共に届けられた5万人の「めッ!」はまさに圧巻で、そしてなによりも楽しい。ママとの会話で会場を和ませたあとは、スナックデュエットの大定番「ロンリー・チャップリン」。息のあった歌声はもちろん、途中でママと手をつなぐシーンは、スナックJUJUの常連さんならではの光景となった。







そして、スナックJUJUの定番、ママとお客さんのデュエットコーナーへ。「つぐない」、「ラヴ・イズ・オーヴァー」、「居酒屋」、「もしかしてPARTⅡ」の4曲が候補の中、ママとデュエットできるお客さんがじゃんけんによって1名選ばれる、というスペシャルなコーナーだ。東京ドーム店でのじゃんけんを制したのは、スナックJUJUには2度目の来店だという、chiakiさん。欧陽菲菲の名曲「ラヴ・イズ・オーヴァー」を堂々と歌い切り、見事に会場を盛り上げた。

そして、本日2人目のスーパーゲストとして、NOKKO氏が初来店。子供のころからNOKKO氏の大ファンだというママの熱いラヴコールが実ったのだ。「フレンズ」~「RASPBERRY DREAM」で、スナックJUJUは一気にロックな雰囲気をまとう。ドームの隅々まで突き刺さるような圧倒的なNOKKO氏のヴォーカルを一番堪能したのは、ママ本人だったにちがいない。

「80年代のストリートからやってきました」というNOKKO氏に、ママは心からの喜びと感謝を伝える。自身に希望をくれた曲だという名曲「Maybe Tomorrow」では、幸せをかみしめながらNOKKO氏の歌声に聴き入るママ。壮大な照明と石成正人のエモーショナルなギターソロもあわさり、間違いなくこの日のハイライトとなった。

東京ドーム店ならではのトロッコ移動で、お客さんのお悩みに答えながらセンターステージへたどり着いた後は、「なごり雪」、「いとしのエリー」へ。昭和を代表する名バラード2曲を、ギター・コーラス・ヴィオラ・チェロというアコースティック編成で、ママと流しのミュージシャンが、丁寧に歌い届ける。



「伊勢佐木町ブルース」では、大人の世界へ誘われるようなサックスの音色が心を躍らせ、おなじみの“あの声”もドームにこだまする。続く「どうにもとまらない」はパワフルなヴォーカルが体を高揚させるが、「スナックJUJU」の店舗拡大を続けるママ自身の事のようにも聞こえてくる。バラードはしっとりと心の奥に届き、色気溢れる曲では妖艶に響く歌声は、ママのシンガーとしての幅広さ、表現力をも感じさせた。

そして、宴も終盤に進む中、照明が落ちピンスポットが。ピアノ1本の弾き語りで始まったのは、「言葉にできない」。この日最後のスーパーゲスト、小田和正氏の初来店に、会場はどよめく。小田氏の透き通るような歌声で、スナックJUJU東京ドーム店の雰囲気は、またもガラっと変わったのだ。「小田さん、はじめまして。スナックJUJUへ、ようこそおいでくださいました。本当にありがとうございます。」と感謝を述べるママは、心の底から嬉しそうだ。「Yes-No」のデュエットで会場が総立ちになった後、立て続けに鳴り響く「ラブ・ストーリーは突然に」のギターイントロ。ドーム中から大歓声がまきおこり、ボルテージは一気に最高潮へ。小田氏の初来店は、お客さんにとっても、ママにとって忘れられない1日になった事だろう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル