top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

指名手配となりジャングルで潜伏生活を送る映画監督 自身を撮影したドキュメンタリー「夜明けへの道」公開

映画スクエア

 軍政の続くミャンマーで指名手配となり、潜伏生活をしながら闘い続けているミャンマー人監督コ・パウが、自らを撮影したドキュメンタリー映画「夜明けへの道」が、2024年4月27日より劇場公開されることが決まった。

 ミャンマーでは、半世紀にわたる軍事政権が終わりを迎えた2011年以降、言論の自由が拡大。本作の映画監督コ・パウは、自由な時代の映画製作に励む一方、新型コロナウイルス感染拡大により外出が困難になると、家族で製作したコメディ動画をSNSへ投稿し、SNSの総フォロワー数は100万人を越える人気を集めた。しかし、2021年2月1日早朝に軍事クーデターが勃発すると、一夜にして世界は変わってしまった。国軍から追われる身となったコ・パウは、民主派勢力の支配地域に逃亡し、ジャングルでの潜伏中に短編映画「歩まなかった道」を製作。現在も潜伏生活を続ける中で、自らのリアルな姿を撮影したセルフドキュメンタリー映画「夜明けへの道」を製作した。

 公開されたビジュアルでは、コ・パウ監督が銃とカメラを手にし、潜伏生活をするジャングルの道を歩く後ろ姿が切り取られている。

【作品情報】
夜明けへの道
2024年4月27日(土)より、K's cinemaほか全国順次公開
配給:太秦
©Thaw Win Kyar Phyu Production

 
   

ランキング(映画)

ジャンル