top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

日本代表、パリ五輪イヤー白星発進!格下相手に中盤まで苦戦も、河村勇輝が3部門でゲームハイの活躍【アジアカップ予選】<DUNKSHOOT>

THE DIGEST

日本代表、パリ五輪イヤー白星発進!格下相手に中盤まで苦戦も、河村勇輝が3部門でゲームハイの活躍【アジアカップ予選】<DUNKSHOOT>(C)THE DIGEST
 2月22日、東京都の有明コロシアムにて「FIBAアジアカップ2025予選Window1」が行なわれ、日本代表(FIBAランキング26位)はグアム(同76位)と対戦。77-56で勝利を収め、パリ五輪イヤー初陣を白星で飾った。

 日本の先発は河村勇輝、比江島慎、金近廉、川真田紘也の4人に加え、昨年9月に帰化した元NBA選手のジョシュ・ハレルソンの5人。立ち上がり、代表デビューを飾ったハレルソンが2本連続で3ポイントを沈めると、途中出場の今村佳太や須田侑太郎も持ち味を発揮し、17-12で第1クォーターを終える。

 第2クォーターにはリードを9点まで広げるが、オフェンスの肝である3ポイントの成功率が上がらず、徐々に攻撃が停滞。守備でも安易なファウルやミスから逆転を許してしまい、前半終了間際に河村の3ポイントが決まって1点ビハインドでの折り返しとなった。
  後半、日本は引き続きリードを許すが、第3クォーター残り5分からこの日が“ホーバス・ジャパン”デビューとなった18歳の川島悠翔が連続得点をあげてリードを奪い返す。

 すると直後には河村が激しいディフェンスから自らの3点プレーや好アシストなど躍動。攻守で流れを呼び込み、第4クォーター開始時点で11点差までリードを広げると、その後は格下相手に流れを渡さなかった。

 最終的に河村が3部門でゲームハイの15得点、6アシスト、3スティール、比江島が12得点、3アシスト、ハレルソンが11得点、21リバウンド、2ブロックとチームを牽引。3ポイント成功率は前半が24.0%(6/25)、後半が30.0%(6/20)、試合を通じて26.7%(12/45)と目標の40%には遠く及ばなかったが、後半は44-20と地力の差を見せつけた。

「FIBAアジアカップ2025予選」は4チーム×6グループで行なわれ、各組の上位2チームに入れば、来年8月にサウジアラビアで開催されるアジアカップ本戦の出場が決定(3位のチームは3チーム×2グループによる2次ラウンドを戦い、各組上位2チームが出場権獲得)。

 FIBAランキング26位の日本は中国(29位)、グアム(76位)、モンゴル(100位)と同じグループに入り、Window1ではこの日のグアム戦と、25日に中国と対戦。Window2は今年11月(vsモンゴル、vsグアム)、Window3は来年2月(vs中国、vsモンゴル)に行なわれる。

構成●ダンクシュート編集部

【バスケ】パリ五輪の組み合わせは3月19日に決定!日本は48年ぶりに男女揃って自力で出場権獲得【出場国一覧】

【PHOTO】華麗なダンスで会場を盛り上げるバスケ日本代表オフィシャルチアリーダーズ「AKATSUKI VENUS」を特集!
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル