top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【2025年卒就活生】2月1日内定率、24%のハイペース 専門家がアドバイス「焦る必要全くナシ」「生成AIは壁打ち相手に」

J-CASTニュース

2025年卒大学生・大学院生の就職活動が早くも過熱している。

リクルートの就職・採用関連の研究機関「就職みらい研究所」が2024年2月16日に発表した「就職プロセス調査(2025年卒)『2024年2月1日時点内定状況』」によると、2月1日時点での内定率が23.9%と、現行の就活スケジュールになった2017年以降で最多となった。

焦らずに就活を進めるにはどうしたらよいか。同研究所所長の栗田貴祥所長にアドバイスを聞いた。

内定率、進路確定率ともに過去最速ペース

就職みらい研究所の調査(2024年2月1日~2月9日)は、2025年卒業予定の大学生(1720人)と大学院生(550人)の合計2270人が対象。

2月1日現在の内定率(大学生のみ)は23.9%(前年比4.0%増)と、現行ルールになってから最高になった【図表1】。文系が24.6%(前年比4.9%増)と、理系22.5%(前年比2.2%増)よりスタートが早い。また、男性が26.3%(前年比5.8%増)と、女性21.3%(前年比2.2%増)を上回っている。

広告の後にも続きます

内定取得企業数の平均は1.8社(前年は1.4社)。2社以上から獲得した人が約半数(48.3%、前年は26.1%)に達した。

スタートダッシュの早さを反映して、進路確定率も14.1%(前年比2.0%増)と過去最高になっている。

就職活動の動きは、全般的に早くなっている。2024年1月中に個別企業の説明会・セミナーに参加した人が31.2%(前年は29.9%)。また、2月中に予定している人は34.3%(前年は33.9%)だ【図表2】。

1月中に最終面接を受けた人が21.0%(前年は16.5)。また、2月中に予定している人が42.9%(前年は37.6%)といった案配だ【図表3】

企業の採用意欲高い、じっくりスケジュール確認


さあ、面接頑張ろう(写真はイメージ)

これほど早いペースで始まっている就職活動、焦らずに自分に合った会社を見つけるにはどうしたらよいか。J-CASTニュースBiz編集部は、調査を行なった「就職みらい研究所」の栗田貴祥所長に話を聞いた。

――2025年卒の大学生の2月1日時点内定率が約24%と過去最高になっていますね。こんなにスピードアップした理由はどこにあるのでしょうか。

栗田貴祥さん 現行の就活スケジュールとなった2017年卒以降、最も高い数値となりました。これは企業側の採用意欲の高さから、選考、内々定・内定出しのスケジュールが前年よりも前倒しになっており、この高さになっている可能性があります。

また、エリア別で見ると、例年内定率が高かった関東よりも中部、近畿エリアのほうが今年度は高く出ています。その他地域の内定率も2023卒、2024卒に比べて高く出ており、エリアを問わず内定率が高いことがわかります。

こうしたことから、2025卒の2月1日時点の内定率は、業種や従業員規模を問わず、全体的に高くなっていると言えます。
  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル