top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

30代からのベースメイク悩みは3ステップで解消!メイク講師のテクニック

E-TALENTBANK

30代からのベースメイク悩みは3ステップで解消!メイク講師のテクニック

30代に突入すると、20代ではなかった新たな肌悩みが増え、頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。 その悩みのは、スキンケアで改善されることもありますが、多くが明日すぐに変化するものではありません。 そこで今回は肌悩みをきれいに隠す、ベースメイクのテクニックをご紹介いたします!

【関連記事】韓国アイドル風メイクに♪メイク講師が愛用中の盛れる韓国コスメ

■コントロールカラーを使う

ピンクやパープルなどのコントロールカラーでトーンアップするベースメイクが流行っていますよね。 ですが、自分の肌色をよく見て、合ったコントロールカラーを選ぶことが大切。

コントロールカラーで自然に肌の色を補正させるには、薄く伸ばすことがポイントです!

■ファンデーションはブラシを使う

リキッドはスポンジ、クッションファンデーションは、付属のパフを使用する方が多いのではないでしょうか。 もちろんそれでも大丈夫ですが、お肌悩みをきれいにカバーするには、実はブラシを使用するのもおすすめです!

広告の後にも続きます

ただのブラシではなく、毛足が短くてフラットな形のブラシを使用することがポイント!

薄く膜を張るようにファンデーションを載せることができるので、ナチュラルに肌トラブルをなかったことに見せてくれますよ♪ 力を入れずにスーっと伸ばしていきましょう。

■パウダーを塗る位置

とりあえず崩したくないので顔の全体にパウダーをのせるか、ツヤが欲しいのでパウダーを載せないなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。 30代を過ぎると塗りすぎもNG、ツヤの残しすぎも汚く見えてしまう傾向にあります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル