top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

平安貴族は週休2日?半年で出勤30日!?彼らの勤務シフト例がこちら【光る君へ】

Japaaan

みんな一律に与えられたのか、それともシフトを組んで対応していたのかは分かりません。

軽微な案件ならシフト対応、重大な案件については全員出勤だったのでしょうか。この辺りについて分かると、個々の事情がうかがい知れそうですね。

しかしちゃんと出勤しない者が少なくなかったようです。

半年で30日さえ出勤しない者も?

例えば安和2年(969年)の記録によると、昨年の正月から当年9月までの間、外記政がきちんと行われたのは月に3~8日とのこと。これでは政務が滞ってしまうのも無理はありません。

広告の後にも続きます

あまりに酷いため、半年間の出勤が30日に満たなかった者は季禄(きろく)と時服(じふく)の支給を停める措置がとられました。

季禄とは2月22日と8月22日に支給された定期ボーナス。時服とは6月20日と12月20日に支給される衣替え費用です。

半年間で30日ってずいぶん甘すぎるような気がしますね。それさえ出てこないって、ちょっといかがなものでしょうか。

ちなみに、欠勤の理由はだいたい方忌(かたいみ)か触穢(しょくえ)。前者は「職場の方角へ行くと凶運であると占いに出た」というもの、後者は「ケガレにふれてしまったから、神聖なる職場を穢す訳にはいかない」というものです。

ケガレとしては死(身内だけでなく、道で死体を見かけた等も含む)や傷病、お産などが理由にされています。

ただし、これらは自分たちの都合で使い分けており、方角が悪かろうとケガレてしまおうと出勤する時はしていました。

たいてい後からそれが問題になるのですが、とにかく彼らは利用できるシステムを利用しながら、上手く立ち回っていたようです。

終わりに

以上、平安貴族たちの勤務シフト例を紹介してきました。

これだけ見ると、ワーク&ライフバランスがきちんと取れているどころか、休みすぎなんじゃないかとさえ思えてしまいますね。

ただし、これはあくまでも最上級貴族である公卿たちの話であり、中級以下の貴族・官人たちがそんな条件で働ける訳がありません。

ましてや庶民たちに至っては、食うや食わずの生活を強いられる者が少なくなかったことでしょう。

果たしてNHK大河ドラマ「光る君へ」では、平安時代を生きた人々の働き方などについても描かれるのか、楽しみに観ています!

※参考文献:

  • 山中裕『新装版 平安時代大全』ロングセラーズ、2023年12月
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル