top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

平安貴族は週休2日?半年で出勤30日!?彼らの勤務シフト例がこちら【光る君へ】

Japaaan

平安貴族と聞くと、何だか日がな一日和歌を詠んだり蹴鞠をしたり、暗くなれば夜這……もとい恋愛を楽しんだりしているイメージがあります。

しかしそれは王朝文学(平安文学)に描かれた一側面であり、実際の貴族は仕事に忙殺されることが少なくありませんでした。

そんな貴族たちはどんなシフトで働いていたのでしょうか。今回はその一例を紹介したいと思います。

現代とあまり変わらない?1ヶ月で10日の休日

諸官庁から上がってきた案件を取りさばき、最終的な決定を下す外記政(げきせい。外記庁会議)では、6の倍数を定休日としていました。

つまり6日、12日、18日、24日、30日の5日間ですね。

広告の後にも続きます

そう聞いて2月は30日がないけどどうするの?休みが減って損だよ、と思った方はご安心ください。

当時は太陰暦を採用しているため、毎月必ず30日なのです。

※季節のズレは4年に一度の閏年の閏月で調整しました。

これだと休みは6日に1日。おおむね週休1日ですね。

しかし外記政では賜暇(しか)という制度がありました。これは天皇陛下より賜る休暇。これが月に5日間あります。

合計すると定休日5日+賜暇5日で10日間。30日に対して10日の休みですから、おおむね週休2日となりました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル