top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『真・女神転生V Vengeance』原作からの新要素を一挙紹介!復讐譚を描く追加ストーリー、登場悪魔も約270体以上にボリュームアップ

インサイド

アトラスは、「Nintendo Direct ソフトメーカーラインナップ 2024.2.21」で発表した新作RPG『真・女神転生V Vengeance』にて、オリジナル版からの新要素を公開しました。

◆新たなストーリーを描く『真・女神転生V』のパワーアップ作品!
本作は、2021年に発売され全世界累計100万以上を売り上げた『真・女神転生V』が、システムやシナリオなどあらゆる点で進化したパワーアップ作品です。対応機種もニンテンドースイッチに加えて、PS5/PS4/Xbox One/Xbox Series X|S/PC(Steam/Windows)のマルチプラットフォームで展開されます。

最大のパワーアップポイントは、新ストーリー「復讐の女神篇」の追加です。虐げられた者たちによる復讐譚が新たに描かれ、オリジナル版のシナリオを踏襲しつつ、中盤以降の展開が大きく変化。最終的にはまったく異なる結末になるとのことです。

なお、オリジナル版のストーリー「創世の女神篇」もプレイ可能。物語冒頭で「創世の女神篇」と「復讐の女神篇」のどちらを遊ぶか、ルート選択を迫られる形で選べるとのことです。

また、フィールド探索や悪魔会話、バトルや成長要素、新たな悪魔体験など、あらゆるシステムも細かくブラッシュアップ&新要素を追加。例えば全悪魔に特別なパッシブスキルを追加したり、悪魔を愛でることができたり、オートバトルが追加されたり等々。詳細は今後発表予定です。

そして、登場する悪魔の数もボリュームアップ。既存悪魔に加え、キャラクターデザイナー・土居政之氏による新規描き下ろし悪魔、過去作品から新たに追加された悪魔など、約270体以上が登場します。

◆ストーリー
汝よ、神と為れ――。

主人公は縄印学園に通う高校生三年生。平和な日々を過ごしていたが、ある日トンネルの崩落事故をきっかけに、<悪魔>が跋扈する砂漠と化した東京<ダアト>に迷い込んでしまう。

謎の男<アオガミ>と合一し、禁忌の存在<ナホビノ>となった主人公は、世界の未来を賭けた、神と悪魔たちの戦いに身を投じることになる。

この復讐は世界を壊す――。

人間を襲い、混沌の世界を作らんとする悪魔たち。そして神の秩序を守らんとする天使の組織<ベテル>。対立するこれらの争いに巻き込まれた主人公は、ダアトを探索中、<尋峯ヨーコ>と出会い、行動を共にすることになる。

魔法を使用し、共に戦線に立つヨーコと主人公の前に、<カディシュトゥ>と名乗る4人の女魔たちが立ちはだかる。

「見つけたぞ、復活の鍵を……」

カディシュトゥ・リリスは、主人公を<復活の鍵>と、そして自らを<虐げられる者>と呼ぶ。果たして彼女たちの目的とは……?虐げられた者たちによる復讐譚が、今始まる。

◆キャラクター紹介
■虐げられる者:カディシュトゥ
「復讐の女神篇」にて主人公の前に現れる、4体の女魔たち。新たな悪魔たちによるもう一つの創生の物語が紡がれる。

■リリス(CV.田中敦子)
旧約聖書でアダムの最初の妻となったとされる女性。のちに楽園を出て悪魔と化したという。カディシュトゥのリーダー。とある目的を果たすため、主人公の前に立ちはだかる。

■主人公/ナホビノ
都内に住む高校三年の少年。下校中トンネルの崩落事故に遭い、砂漠化した東京<ダアト>に迷い込んでしまう。趣味は読書。

アオガミと合一を果たし、悪魔に対抗しうる超常の力を使用できる<ナホビノ>への変貌を遂げる。ナホビノ状態の時の意思決定は主人公にあり、アオガミは声で主人公を導く。

■アオガミ(CV.森川智之)
ダアトにて悪魔に襲われる主人公の前に突如として現れた謎の男。主人公と手を取ることで、禁忌の存在<ナホビノ>へと変貌する。

18年前の大戦争に参加していたようだが、その記憶が抜け落ちている。

■尋峯ヨーコ(CV.斎藤千和)
聖マリナ女学院に通う高校三年生。クールな性格で、どこかミステリアス。ダアトで主人公と出会い、行動を共にすることとなる。

昔から不思議な力を擁し、「聖女」と呼ばれていたことも。学院でもその力を見込まれ、悪魔払いの魔法を習得。自らも戦闘に参加する。
◆オリジナル版のDLCを標準搭載!さらに「追加DLC」も登場
本作では、オリジナル版のDLC悪魔・クエストを標準搭載。最強の悪魔たちや人修羅に挑戦できる「人修羅と九人の魔人」をはじめ、特別な悪魔たちを仲魔にできたり、合体が解禁されたりするので、腕に覚えのあるプレイヤーは挑んでみるとよいでしょう。

そして、本作からの「追加DLC」も用意されており、『真・女神転生IV FINAL』に登場した「<魔神>ダグザ」と、土居政之氏の新規描き下ろし悪魔 「<国津神>コノハナサクヤ」が新たに登場します。

また、経験値やゲーム内通貨などを獲得しやすくなる稼ぎ系DLCも同時配信予定です。

■追加DLC「神の本質、悪魔の真意」
・配信開始日:6月21日
・単体価格:440円(税込)

とある謎の反応の捜査に出た主人公は、別の宇宙に存在する世界からやって来たと語る、地母神ダヌーに出会う。

ダヌーは自身の息子ダグザの捜索をしているらしい。主人公はダヌーと共にダグザ探しに乗り出すことに。クリアすることでダグザを仲魔にすることができ、合体が解禁される。

■追加DLC「東の都に咲く花焔」
・配信開始日:6月21日
・単体価格:495円(税込)

乱世を嘆き、この世を平定できる英雄を探しているコノハナサクヤ。主人公にとある英雄の面影を重ねた彼女は、主人公に挑んでくる。バトルに勝利することでコノハナサクヤを仲魔にすることができ、合体が解禁される。

『真・女神転生V Vengeance』は2024年6月21日(金)に発売予定。価格は通常版が9,878円(税込)、追加DLCをセットにしたデジタルデラックス版が11,660円(税込)です。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.


 
   

ランキング(ゲーム)

ジャンル