top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】

サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

「助けてほしい」プラマイ岩橋が“吉本退所”宣言…相方・兼光にはファンの嘆願殺到

女性自身

これまで様々な告発をSNSで行ってきた「プラス・マイナス」岩橋良昌(45)。

 

1月27日には「テレビ番組制作会社の社長からパワハラを受けた」と実名や社名をあげてXで告白。さらに2月18日に放送された『だれかtoなかい』(フジテレビ系)の出演者に対して《あ、俺をエアガンで撃った人だ》と言及し、その後、自身にエアガンを撃ったという人物2名の実名を暴露。真偽は定かではないが、名を挙げられたうちの1人である俳優の真木よう子(41)はTikTokのライブ配信で暗に否定している。

 

告発するたびに大きな波紋を呼ぶ岩橋。そんななか21日、岩橋はXで怒涛の連続ポストを行った。《吉本と話ししてきた》《活動停止だって》と切り出すと、《SNSも一切禁止だって 他人のTikTokライブにコメントするのもだめだって》《けど今こうやって約束破って投稿してる》と明かし、《ってことはおれが吉本を芸人を辞めるってこと》と投稿。そして、《プラスマイナスも解散です どうか兼光を応援してあげて下さい》とコンビの解散を宣言した。

広告の後にも続きます

 

また岩橋の怒りの矛先は所属事務所の吉本興業に向けられているようで、《吉本の人間しかいない中詰められるのきついわ 中立、俺よりの人間がおらん》《そんな会社もうええ》と述べ、《古いよ、吉本のやり方は、もう》と非難。さらに《俺のツイートを消させた藤原アウトー》と同社の代表取締役副社長である藤原寛氏への批判と思われる投稿も行った。

 

突然の解散宣言に、岩橋の状況を心配するファンが続出している。一方、相方の兼光タカシ(45)は、これまでの岩橋の暴走中も、《舞台衣裳の時の靴下は何色が正解なんや》《20分だけ雨止んでくれへんかなぁ》など平穏なツイートを繰り返していた。そんな兼光のXには、岩橋へのサポートを求める声が相次いでいる。

 

《岩橋さんの事 どうか支えてあげて下さい 今は支えが必要です 傾聴が必要です》
《兼光さん、岩橋さんを助けてほしいです》
《兼光さん、あかん岩橋さん助けたって下さい》
《岩橋さんの力になってあげてください!お願いします》

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル