top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

対トップ20は13連勝 上位勢に負けないシフィオンテク

テニス365


ベスト8進出を果たしたシフィオンテク
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、 ハード、WTA1000)は21日、シングルス3回戦が行われ、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)が第15シードのE・スイトリナ(ウクライナ)を6-1,6-4のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。シフィオンテクは世界ランクトップ20の選手に対して13連勝と上位選手相手でも驚異の勝率を誇っている。

>>ズベレフらミフェル・テニスOP組合せ<<

今シーズン、世界ランク1位のシフィオンテクは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)3回戦でL・ノスコヴァ(チェコ)に敗れたのみ。前週のカタール・トータルエナジー・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTA1000)では大会3連覇を達成した。

今大会は初戦の2回戦で世界ランク41位のS・スティーブンス(アメリカ)を下し3回戦に進出を決めていた。

この試合、シフィオンテクは4本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに68パーセントの確率でポイントを獲得。スイトリナに2度のブレークを許したものの、リターンゲームでは6度のブレークチャンスのうち5度決め切る決定力を見せ、1時間23分で勝利を決めた。

女子テニス協会のWTA公式サイトにはシフィオンテクのコメントが掲載されている。

「ポイントを取ったり、勝ったりするのは簡単じゃなかった。集中力を切らさずに、積極的に、でもリスキーにならないようにプレーしたかった。長いラリーではお互いにいい感じだったから、プレッシャーをかけるにはいいタイミングでプッシュする必要があった。決定力とプレースメントが最も重要だったと思う」

準々決勝でシフィオンテクは第6シードのジェン・チンウェン(中国)と対戦する。1月の全豪オープンで準優勝を飾っているチンウェンは、3回戦で世界ランク35位のA・ポタポヴァをストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのC・ガウフ(アメリカ)、第4シードのE・ルバキナ(カザフスタン)、第7シードのM・ボンドロウソワ(チェコ)らが8強入り。第8シードのM・サッカリ(ギリシャ)、第9シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)は敗れ姿を消した。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル