top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

侍JAPAN監督/井端弘和が解説する盗塁で重要な「3S」とは?【少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」】

ラブすぽ

走る

子供たちはベースランニングが大好きです。少年野球で試合に勝つ近道は、「四球を出さないこと」「盗塁をさせないこと」「盗塁をすること」と言われます。走塁技術を高めることが得点、すなわち勝利への近道になるのです。

スライディング

盗塁は「3Sが重要」と言われる。スタート(START)、スピード(SPEED)、スライディング(SLIDING)だ。「第1リード」からスタートを切ったら両腕を振り、最初の3~5歩で加速、いち早くトップスピードに入る。中間疾走から、最後までスピードが落ちないようにスライディングする。左右どちらかの足を折りたたみ、もう一方の足を伸ばして、曲げたヒザを滑らせる。




【出典】『少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」』 著:井端弘和

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル