top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

光源氏は宴後に酔い心地で朧月夜と出会った?平安京の年中行事とは!?【図解 源氏物語】

ラブすぽ

月夜の運命的な出会い(花宴)

翌春の2月下旬、宮中の紫宸殿(ししんでん)で桜の宴が催され、源氏は兄の東宮(弘徽殿女御の息子、のちの朱雀帝)に所望されて漢詩と春鶯囀(しゅんのうてん)の舞を披露します。源氏の漢詩は、専門家たちをうならせるほど優れていました。また、その舞は青海波のときと同様、人々を感動させ、称賛を浴びました。夜が更けて宴が終わり、人々が去ったあと、酔い心地の源氏は月明りに風情を覚えて去りがたく、藤壺の住む御殿のあたりをそぞろ歩きますが、あたりの戸は閉まっています。

気持ちが治まらず、向かいにある弘徽殿に立ち寄ってみると、開いてる戸があったので忍び込みました。すると、「朧月夜(おぼろづきよ)に似るものぞなき」と歌を口ずさんでいる女(朧月夜)がいました。暗闇の中で源氏がその袖をつかむと、女は驚いて人を呼ぼうとしますが、「私はすべての人に許されているので人を呼んでも無駄ですよ。お静かに」という声に源氏だと気づいて少し安心します。月の光に恋情をかき立てられた二人は慌ただしく結ばれ、源氏は相手の名も知らぬまま扇を交換して別れました。

翌朝、源氏は、「昨夜の女性は誰だったのか」と思いめぐらせ、もし、近く東宮に入内する予定の右大臣の六女だったら「かわいそうなことをしたかもしれない」と考えます。3月下旬、右大臣が開催した藤の宴に招かれた源氏は、宴のあとに酔ったふりをして弘徽殿を訪れ、扇を交換した主を探すため、二人にしかわからない言いかたで声をかけます。すると、几帳(きちょう)越しに目当ての朧月夜から返事があり、源氏はやっぱりあのときの人だと知って喜んだのでした(その後、実際に朧月夜が右大臣の六女だと判明します)。

春鶯囀・・・雅楽(ががく)の唐楽(とうがく)の曲名の一つ。鶯(うぐいす)のさえずりを模した旋律が多用される。
朧月夜に似るものぞなき・・・ほかにかすんだ春の月ほど美しいものは他にない。大江千里(おおえのちさと)の歌を踏まえて女性らしい言葉にかえたものとされる。

平安京の年中行事

平安前期に『内裏式』(宮中の恒例、臨時の儀式を記した書物)が成立して以降、宮廷行事の整備が進み、さまざまな年中行事が形成されていった。貴族にとって、これらを作法どおりとり行うことはきわめて重要だった。

広告の後にも続きます

1月 射礼、賭弓(じゃらい・のりゆみ)・・・「射礼」とは17日に建礼門の前で、天皇臨席のもと、親王以下五位以上の貴族および六衛府(ろくえふ)の官人が弓技を披露。翌日、弓場殿(ゆばどの)で、近衛府(このえふ)・兵衛府(ひょうえふ)の舎人が天皇の前で弓技を競うことを「賭弓」という。
6月 大祓・・・水無月祓(みなづきばらえ)ともいう。年2回の「大赦」の一つ。6月の晦日、半年分の穢れを除くため、茅の輪をくぐったり、人形を川に流す。夜には、天皇・皇后・東宮の背丈に切った竹の枝を折る「節折(よおり)」を行う。
12月 追儺(ついな)・・・大晦日に邪気を払うため、大舎人寮の舎人を鬼に見立て、それを殿上人たちが桃の弓、葦の矢、桃の杖で追い払う。「鬼やらい」「なやらい」ともいう。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 源氏物語』高木 和子 監

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル