top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

地球の恵みの母!地球はどのようにして誕生したのか?【図解プレミアム 宇宙の話】

ラブすぽ

水素による核融合で生まれた

地球がある太陽系は、太陽という恒星を中心にできています。地球から太陽までの平均距離は約1億4960万キロメートルで、光の速さで約8分20秒かかります。直径は地球のおよそ109倍。質量は地球の33万倍で、これは太陽系の全質量の99.86パーセントを占め、太陽系のすべての天体に重力の影響を与えています。

こんなに大きな太陽ですが、天の川銀河では標準的な恒星の1つにすぎません。では、太陽はどのようにして生まれたのでしょうか? 宇宙は「インフレーション」と「ビッグバン」をきっかけ、138億年前に誕生したと考えられています。

ビッグバンによって物質のもととなる素粒子が生成されたのですが、初期の宇宙に存在した元素は、ほとんどが水素だったとみられています。その水素が集まり「分子雲」と呼ばれる星雲を形成します。分子雲は「育星場」「星のゆりかご」などと呼ばれ、このなかで星は育っていきます。太陽も分子雲から誕生しました。

分子雲のなかで、密度の高い「分子雲コア」がいくつも生まれて、自分の重力でどんどん収縮して「原始星」になります。原始星は周囲のガスやちりを吸収しながらさらに収縮します。やがて中心部の密度が高まり、核融合が起こるようになります。さらに中心の温度が1000万度以上もの高温になって、明るく輝き出し、いまの太陽として成長していったと考えられるのです。これが46億年前のことです。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解プレミアム 宇宙の話』

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル